情熱とPassionの違いから、、、

情熱を持って生きる
Pen : Platinum - sai (M)
Ink : Pilot - Kirisame

パリに暮らしたあの日々から、素直に暮らすための秘訣をたくさん学んだけれど、なかでも私にとって一番大きかったのは 「情熱的に生きる」 ことを学んだことだった。
あなたさえその気になれば、日々のささやかなできごとが特別になる。すべてはあなた次第なのだ。笑いや友情、アート、知的な探求、そして喜びにあふれるとき、人生は素晴らしいものになる。毎日いろいろなことに感動しよう。(略)
パリに住んでいたとき、わたしの生活はすみずみまで情熱にあふれていた。わたしは人生が与えてくれる喜びを、思う存分に味わおうとしていた。わたくしはほんの小さなことにも大きな喜びを感じた。 - マダム・シックのおいしい夕食を味わったあとにショパンのレコードを聴いたり、マダム・ボヘミアンヌ特製の小麦粉を使わないチョコレートケーキに舌鼓を打ったり、チェイルリー公園でひなたぼっこをしながら、一遍の素晴らしい詞を読んだり・・・わたしのパリでの生活は、最高に満ち足りていた。どんなひとときも、わたしには愛おしかった。

フランス人は服を10着しか持たない (Capter16:情熱を持って生きる
====================


前稿に続き、「フランス人は10着しか服を持たない」 の一文を揚げています。

この文章を目にしたとき、私は妙な気がしました。例えば次の箇所です。

++++++++++++++++++++
「わたくしはほんの小さなことにも大きな喜びを感じた。 - マダム・シックのおいしい夕食を味わったあとにショパンのレコードを聴いたり、マダム・ボヘミアンヌ特製の小麦粉を使わないチョコレートケーキに舌鼓を打ったり、チェイルリー公園でひなたぼっこをしながら、一遍の素晴らしい詞を読んだり」
++++++++++++++++++++

ショパン

チェイルリー公園でひなたぼっこ

このような小さなことに喜びを感じることは、「情熱にあふれる」 ことなのでしょうか? 少なくとも、日本人の感覚からすると、これらは 「情熱」 という言葉からは縁遠いと言えませんか?

そこで私は、翻訳ミスにより、「情熱」 という日本語が使われたのだと考え、この部分が英語版でどのように記載されていたかを調べてみました。

すると、章題である 「情熱を持って生きる」 の部分は、「Live a Passionate Life」 と記されていたのです。Passion = 情熱、ですから、これはまさに直訳。誤訳でもなんでもないことがわかりました。

本書の翻訳をされた神崎 朗子さんも、この部分の訳は悩まれたと思います。おそらく神崎さんは、「日本人の感覚からすると、『情熱』 という訳はそぐわないのだけれど、他に適当な訳語もないので、ここは原文どおりに訳そう」 と判断されたのでしょう。

それにしても、私にとって驚きだったのは、欧米人 (著者はアメリカ人) が、このようなケースで 「Passion (情熱)」 という言葉を用いるということでした。

日々の些細な出来事に喜びを感じるようになるためには、鋭敏な感覚が必要です。それは精神面の成熟とともに人間の内面に育まれてゆくものであり、この点において、日本人も欧米人も変わりはないはずです。

ただ今回、上述の一文を読んで、そうした鋭敏な感覚を得るようになるまでのプロセスにおいて、日本人と欧米人との間には大きな違いがあるのではないかと感じるに至りました。

日本人は経験を積むとともに、「感覚を研ぎ澄ましてゆく」 という方向に進むと思うのです。つまり、余分な感覚を捨て去る中から、鋭敏な感覚、すなわち、本質が浮かび上がってくる、ということです。

これに対して、欧米人はPassionという言葉を用いることからもわかるとおり、積極的に、自らが持つ全ての感覚のうち、鋭敏な感覚はどれなのかと、探し求めていくのではないでしょうか。passionante life

すなわち、欧米人にとっての 「Passion」 という言葉と、日本人にとっての 「情熱」 という言葉との間には大きな隔たりがあるため、今回の例のように、翻訳で違和感の残るケースが生じるのです。

さらにいうならば、今回の、「Passionと情熱」 のようなケースはほんの一例にすぎず、全ての単語において、日本語と英語の間には多かれ少なかれ同様の溝が生じています。

ということは、どれほど英語が上達しようとも、英語を用いて外国人と完璧なコミュニケーションをとることはできない、ということになります。

また、さらにその先を言うならば、「情熱」 という日本語の単語ひとつとっても、Aさんにとっての 「情熱」 と、Bさんにとっての 「情熱」 が、完全に同じ意味を成すことは無く、必ずなんらかの祖語が生じています。

日本人同士ですら、日本語を用いて完璧なコミュニケーションをとることはできないのです。

言語とは、その本質において、かくも不自由なものですから、それをどれほど上手にあやつろうとも、この世において、自分の意思を完全に理解してくれる人は存在しない、ということになります。

この世はなんと孤独に満ちているのでしょう。

人はこの世に生を受けた瞬間から、あの世へ旅立つまで、生涯孤独。
人は孤独な存在

私は、この、絶望的な現実をしっかり受けとめることが、人として自立するうえで、大切なことだと考えています。

我々が抱える悩みの多くは、「人は自分を理解しくれない」、「人は自分を認めてくれない」 というところから発しているのではないでしょうか。

しかし、「人は自分を理解してくれないもの。人は誰もが孤独な存在」 という前提からスタートすれば、悩みは存在しなくなります。

一方で、たとえ人間関係の悩みから解放されたとしても、人は人間関係を断ち切ることはできません。人は孤独な存在であるにもかかわらず、孤独では生きてゆけない、という矛盾を抱えているからです。

だからこそ、「人は孤独な存在である」 ということを受け入れて初めて、「人を愛すること」 が大切だと、気付けるのではないでしょうか。

無償の愛

見返りを求めない無償の愛。言葉も通じぬ赤子に対して親が抱くその気持ちに、人が人として生きていくうえでの本質が在るのでしょう。
関連記事

コメント

非公開コメント

こんにちは❗

Passion と情熱ブログ記事 大変興味深く拝見しました。 加藤登紀子の cd に パッションの曲がありますジャケット写真は 両手を広げている画像だったと思います今日の女性が 両手を広げている画像と重なりました。 加藤登紀子の日本語訳は 熱情と 理解していました! ブログ記事共感しています。 加藤登紀子の「凛とした言葉」を 歌詞 に使った歌が 好きです

プルートパパさんへ

コメントありがとうございます。

加藤登紀子さんというと、私にとっては映画「紅の豚」が印象深いです。カッコよかった! 加藤さんには凛とした雰囲気が漂います。

気になって加藤登紀子さんの パッションの曲を調べてみたところ、曲題は 「パッション <激情>」 なっていました。たしかに、パッションには、「激情」 という訳もありますね。

No title

情熱の記事面白かったです。10年AUSに住んでますが僕もそう思います。僕は、手工芸の職人さんですが、日本にいる頃は、自分の問題点を見つけ、先輩に指摘され、自分のダメなところを抽出し、それをクリアしていき。階段を上るというのが常でした。欧米社会では、問題点を指摘したり、されたりすることはほぼ皆無です。どんだけ初心者でも、先輩は、どこか探して彼のいいところを見つけ褒めます。それに気をよくした初心者は、自分のいいところをもっと頑張ります。そういう関係が、職場の雰囲気を良くしてるのだなーと思うことがたくさんありました。ただ、自分の悪いところを指摘しないし、できない文化なので、その欠点を治すのはむつかしいですが。。。日本のもの作りがすごいのは、欠点を消していくことで品質をあげますが、新しい発想をどんどん入れていくのは、欧米タイプなんだなと感じています。

ROCKY Dさんへ

コメントありがとうございます。

日本と欧米における、職人の育成方法の違いの話、面白いですねえ。

もしかするとこれは、転職に対する考え方の違いに起因するところがあるのかもしれませんね。

欧米のように、転職が普通に受けいられる環境においては、厳しい親方だとすぐに転職されてしまうが故に、「褒めてやる気にさせる」という職場になりやすいのかもしれません。

一方、日本は転職に対して、いまだにポジティブとはいえない環境です(だんだん変わりつつありますが)。そうすると、厳しい親方であっても耐える人が多く、問題点指摘型の職場になりやすいのでしょうね。

「技術の伝承」という観点に限って言えば、日本型の方が好ましいでしょう。日本はこのような特質を強味として、今後、世界にその魅力を伝えてゆくという道もありそうです。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
40位
アクセスランキングを見る>>