『君の名は』 で、東京の美を再発見

Kiminonawa 1

遅ればせながら、家族で 「気の名は」 を観にゆきました。

映画を観終わって。。。 やはり大ヒットしただけあって、誰もが楽しめる、すばらしい作品だと思いました。

私はストーリーもさることながら、私はこの作品に出てくる、東京の街を切り取った各シーンの美しさに感銘を受けました。

六本木ヒルズのような非日常空間のシーンは別にして、この作品には東京に住む人が日常目にするシーンがたくさん出てきます。そのどれもが光り輝いているんですよね。

kiminonawa 4
電車のプラットフォーム、

Kiminonawa 2
どこにでもある街中の坂。

「えっ、自分がふだん目にしている世界って、こんなに美しいものだったんだ!」 という気づきを、「君の名は」 は私に伝えてくれました。

何気なく過ごしている日々の生活ですけれども、もっと目を見開いて、「そこに埋もれている美」 を見出してゆきたいという思いを新たにした次第です。

Kiminonawa 3
さて、気になったのは、作品に登場するクレーターのシーン。

このシーンを見て、私は昔行ったイースター島を思い出しました。後で妻に聞いたら、妻も同様に感じたそうです。

イースター島
イースター島といえば、ご存知、モアイ像ですよね。

イースター島の噴火口
モアイのイメージに埋もれてあまり知られていませんが、この小さな島には、写真のようなクレーターがあるのです。

小さな山を登りきると、突然、眼下にクレーターの全貌が見えてきます。これがなんとも言えず、美しい。「モアイを作った人々も、この風景を眺めていたんだろうなあ」 と思うと感無量です。妻といっしょに呆然と眺めていたことを覚えています。

映画のシーンと似ていませんか? 

映画は雲上の世界にクレーターがあり、イースター島のクレーターの周りは海という違いがあります。けれどもイメージはピッタリなんですよね。

「君の名は」 のファンの方には、ぜひ一度、あの絶景を見ていただきたいですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

私は行きたいですが未だ「君の名は。」未経験者です

えいしんです。

東京の「美」ですか。とても素晴らしいことだと思います。
感動的なストーリーだけでなく、何気に映る日常の情景
が、「東京の美しさの再認識」につながる、素晴らしい作品
ですね。
実際には、未だ映画館に足を運べていない私ですが、
こちらのブログだけでなく、様々な方のご感想から、
「観覧した以上」の素晴らしさや感動を実感できます。
それ程、素晴らしい映画なのだな、と感じますし、「必ず観覧
に行こう」、と思います。
イースター島のクレーターですか。行かれたのですね。
とても羨ましいです。私も、写真でなく、「実際のモアイ像」
に会って、触れてみたいと思います。

それでは、お疲れさまでした。






相互リンクのお願い

ご訪問ありがとうございます!

よろしければ相互リンクしませんか?

えいしんさんへ

コメントありがとうございます。

「君の名は。」は、アカデミー賞を逃してしまいましたね。アカデミー賞の選考委員会って、センス悪いですねえ。

さて、イースター島は、、、とにかく遠いです。比較的地味な遺跡ということもあり、あまり外国人には人気ありません。私が行ったときは、日本人観光客が多かったです。地味なんですけど、素朴で良いところでした。えいしんさんもぜひ機会があれば、一度、訪れてみてください。

ゆうひのぼるさんへ

相互リンクのお誘い、ありがとうございます。

ただ、なにせ、IT音痴のオッサンですので、相互リンクの張り方がよくわからないんですよね。こんど研究してみます。やり方がわかりましたら連絡申し上げます。

共感します

素敵なブログですね^_^新海監督の映画は本当に東京が綺麗に描かれていますよね!「秒速5センチメートル」を初めて観た時にもその様に感じファンになりました。

みかりんさんへ

コメントありがとうございます。「秒速5センチメートル」はまだ見ていないんですよ。ぜひ見たいですね。
新海さんの作品が海外で評価を高めているようで、そのことは同じ日本人として誇りに感じますし、世界が日本のセンスを受け入れてくれることを嬉しく思います。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
30位
アクセスランキングを見る>>