スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坪庭を眺めながら読書を楽しめる家

坪庭のある家に住んでみたい
Pen : LAMY - 2000 (M)
Ink : Sailor – Okuyama

寺社の重厚な建物に深く囲まれ、また 「うなぎの寝床」、と呼ばれる町家の中にあって、通気と採光の優れた機能性と合理性を発揮しながら、同時に生活に限りない潤いをもたらしてくれる坪庭は、京に住む人々の知恵と美意識によって完成された一つの素晴らしい庭園様式であろう。

水野克比古 : 京の坪庭
====================

我が家は現在、東京のマンションで暮らしています。長い間こだわり続けて、ようやく探した当てたマンションなので、今のマンションライフは気に入っているものの、「あなたはここに永住するのですか」 と聞かれると悩んでしまうところ。

そんなわけで、地方移住を夢見て 「そうだ、京都に住もう。」 なんて本を手にとってしまい、永江 朗さんがリフォームされた和の空間にシビれた話を 「家づくりの前に椅子を学べ」 でお伝えしました。

「そうだ、京都に住もう。」 を読んで気づいたことがあります。

それは、私が求めているのは京都という “町” ではなくて、京都を感じさせる “空間” なのだ、ということです。

“空間” でよいのならば、なにも京都に住む必要はありません。

私の両親は現在、都内の戸建に住んでいますが、いずれは私が継ぐことになります。

将来はこの古くなった家を取り壊し、賃貸住宅を作るつもりでいました。しかし、「そうだ、京都に住もう。」 を読んでみて、自分の望む家を作るのも面白そうだと思うようになりました。

なにより、「建築家に依頼して、オーダーメイドの家を作る」 というのは、人生において最高の道楽だと思うんですよね。車や時計や宝石でも何千万円 (あるいは億とか) するものがありますから一概にはいえませんが、一般的には家作りに勝る遊びはありますまい。人生50年、ここまでがんばってきたのだから (妻によると全然がんばっていないそうですが)、自分へのご褒美をやってみようか、という思いです。

そんなわけで10月の途中から家作りの情報を集めることに没頭しておりまして、ブログを書く暇が全然ありませんでした。

さて、「自分の望む家を作ってみよう」 と思うところからスタートしたのはよいものの、よくよく考えてみると自分の望む家の具体的なイメージって無かったんですよね。

理想の家
私の場合、家を建てる土地は決まっているので、問題は建物をどうするかです。想像してみましたが、なかなかピッタリ来るものがありません。

そこで、イメージを膨らませるために、ひたすら 「渡辺篤史の建もの探訪」 の録画を見ることにしました。そうすると、「ああ、こんな家に住んでみたいなあ」 と思う家が出てきます。こんどはその家を設計した建築家のHPを見てみて、作風を研究してみる。そんなことを繰り返すうちに、だんだんイメージが固まってきました。

そのイメージを一言で表すなら 「凜とした家」 になります (笑)

しかし、「ひとつ “凜とした家” をお願いします!」 と建築家に伝えても、言われた建築家も困ってしまうでしょうから、もう少し具体的な言葉にする必要があります。

2016年に放映された 「建もの探訪」 では次のような言葉で各家を表しています。

― 庭へ続く土間ダイニングの家
― 中庭を巡る“の”の字型の家
― 居住空間を広げる 庭まで包む壁
― 枠で懐かし! 黒塀と路地庭の家
― 中心は吹き抜け 方形屋根の家

同様のイメージで、自分のオーダーメイドの家を表すとすればどうなるか。

― 坪庭を眺めながら読書を楽しめる家

これに落ち着きました。

親の家は住宅密集地帯の狭小地。窓を開けると隣のお宅と目線が合うので、お互いにカーテンを下したままです。そんな場所ですから、当然、庭もありません。

都心ではそうした住環境があたりまえかと思っていましたが、「建もの探訪」 を見て、工夫しだいでは坪庭をつくることにより、小さいながらも自然を身近に感じつつ、外部の視線を遮って暮らす環境をつくることが可能であることを知りました。その鍵となるのは坪庭です。

よく考えてみれば、「住宅密集地帯の狭小地」 という住環境は、京都においては何世紀にもわたって続いてきたわけですから、そこから生まれた 「坪庭のある町家」 という建築様式にこそ、都心部の狭小地において豊かな住環境を作り出すヒントが潜んでいるはずなのです。

京の坪庭
そこで、「京の坪庭」 という写真集を見て、自分の好きな坪庭を探してみました。

龍源院 坪庭
上の写真は龍源院。個人的にはこういう無駄を削ぎ落した石庭って憧れるんですけれど、石庭はやはり禅寺向きかなあと。家であるならばもう少し温かみのある庭の方が良さそうです。

いろいろ迷った挙句、今のところは次の庭をお手本にしたいと考えています。

鳥居家 坪庭
― 鳥居家の坪庭

久保家 坪庭
― 久保家の坪庭

実際にはこんな純和風にはできませんから、もっと洋風のあつらえになると思いますが、坪庭を囲む縁側は絶対に譲れないポイント。縁側に座って、あるいは寝転んで、そよ風に吹かれながら読書を楽しむ。これを極楽と呼ばずして、何と呼びましょう。

庶民の私にとっては、孫 正義さんや柳井 正さんの豪邸よりも、そんな坪庭のある小さな家の方に魅力を感じてしまいます。
関連記事

コメント

非公開コメント

どうしようかな?

おや2人、私と嫁さん、子供3人。1人に各部屋を与える家を中古で探していました。とても気に入った素晴らしい環境の家でした。勿論注文住宅ではありません。大工さんが建てた家です。家の基礎は、なんと大理石。そして今、両親2人はいなくなり、子供2人もいなくなり、私と、嫁と、次男とワンコの3人。広すぎます。どうしましょ。

senri32 さんへ

コメントありがとうございます。中古で自分の気に入る家が見つかるなら、コストを考えると一番おトクですよね。そう考えると、ssenri32さんはツイておられたと思います。家が広すぎて悩むなんて、日本では贅沢なお悩みかもしれません。
私も海外駐在時、夫婦二人で300m2くらいの広い家に住んでいたことがあります。この頃は若かったから広さを楽しめたものの、今となってはあんな広さの家だと掃除するのも一苦労だろうなと思います。庶民の私には、狭い家が性に合っていそうです。
=================================
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
26位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。