スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魯山人の愛した海苔の茶漬け

魯山人の愛した海苔茶漬け
Pen : MONTBLANC - 146 (EF)
Ink : Pelikan – Royal Blue

これから私が話そうとするのは、もっと手軽なのりの茶漬けである。
それは、いいのりをうまく焼いたものか、焼きのりのうんと上等のを、熱いご飯の上に揉みかけ、その上に醤油をたらし、適当にわさびを入れて、茶を注げばよろしい。

北大路 魯山人 : 魯山人味道
====================

海原雄山
グルメまんが 「美味しんぼ」 における、もう一人の主人公といえば海原雄山。

魯山人
前稿で 「まるで美食の限りを尽くした大家が、最後に行き着いた究極の美食は お茶漬けだった、というようなかんじです」 と書いたとき、海原雄山のモデルと称される、北大路 魯山人のことを思い出しました。

魯山人が残した功績、それは 「美しい器を用いることで、料理はその輝きを増す」 ということを見出した点にあると言われています。魯山人の没後も、日本の料理界は魯山人の思想を礎として発展を続けており、今日では和洋中を問わず、数多くのレストランが器で楽しませてくれるようになりました。

「器へのこだわり」 は長い間、日本の特徴だったわけですが、近年、この流れは世界へ広がりを見せています。世界最先端のレストランにおいては、シェフが器に細心の注意を払うケースがよく見られるようになりました。

mirazur 01

mirazur 1

* 写真は ”The World's 50 Best restaurants 2016” で、第六位に選ばれたフランスのMirazurの料理です。

そう考えますと、魯山人は料理界に大いなる変革をもたらした存在と言えるわけでして、日本は世界に向けて、魯山人の業績を積極的にPRしてゆく必要があると私は感じています。

話はかわりますが、「魯山人味道」 という、魯山人が記した、美食に関するエッセイを集めた興味深い本があります。
魯山人味道

この本にはお茶漬けだけで、それぞれ個別のエッセイとして、次の十章がおさめられています。

― お茶漬けの味
― 納豆の茶漬け
― 海苔の茶漬け
― 塩昆布の茶漬け
― 塩鮭・塩鱒の茶漬け
― 鮪の茶漬け
― てんぷらの茶漬け
― 鱧・穴子・鰻の茶漬け
― 車蝦の茶漬け
― 京都のごりの茶漬け

これを見ただけで、魯山人がどれほどお茶漬けを愛していたかがわかりますね。

海苔茶漬け
いろいろと並ぶお茶漬けのなかで、最もシンプルなのは 「海苔のお茶漬け」 でしょう。

なんのことはない、ただの海苔茶漬けであっても、このエッセイを読むと食通としてならした魯山人ならではのこだわりが随所に感じられます。

まず、
― 海苔の分量は、一椀に一枚か一枚半を使うこと。
― 茶は上等の煎茶をよしとするが、鰹節と昆布の出汁をかけてもよい
としています。

そして、肝心のポイントは 「海苔の焼き方」 にあると説きます。海苔の焼き方は、「その人の料理に対する教養がものをいう」 とまで魯山人は言うのですから、魯山人に料理を供した方は、気の休まる時が無かったことでしょう。

私はうかつにも知りませんでしたが、海苔は両面を焼いてはいけないそうです。両面焼くと、海苔の香りが失せてしまうからだそうです。

海苔を焼くのに電気コンロが一番よいとのこと。

電気コンロ
魯山人のいう“電気コンロ”は、おそらく上のようなモノだと思います。この電気コンロの使い方ひとつでも、魯山人ならではのこだわりがありました。

++++++++++++++++++++
これもスイッチを入れて、すぐにのりをかざすのはいけない。コンロの熱量が含んでいる湿度がなくなるまで待ってから、焼く心得があってほしい。
++++++++++++++++++++

こうしてできた海苔茶漬けは、「こんな茶漬けをよろこぶ者は、通人中の通人に属するだろう」 とのこと。天下の食通、魯山人にそういわれてしまうと、海苔茶漬けを食べて、「やっぱり海苔茶漬が最高だなあ」 という言葉が思わず漏れてしまうような自分になりたくなってしまいます。

「海苔茶漬け」 のエッセイの最後は次の言葉でしめくくられています。

++++++++++++++++++++
すべての料理のうまい秘訣は、こんなちょっとした注意にある。なるほどそうだろうと分ってみても、聞くだけではだめだ。直ちに、よし来た - とばかり実行する人であってほしい。
++++++++++++++++++++

この言葉が書かれたのは昭和七年。

今から84年前に魯山人の残したこの言葉には、料理にかぎらず、全ての仕事において通じる真実が潜んでいるといえそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

「たかが茶漬け、されど茶漬け」ですね

えいしんです。

お茶漬け、というと、一般人の私は、「永谷園のお茶漬け」をイメージしてしまいます。
それを、「たかが茶漬け、されど茶漬け」と言わんばかりに、庶民に身近な食材を、心を尽くせば「崇高な食の一品」に変貌を遂げることが出来るのですね。
私程度の人間では、「語るに落ちます」ので、この辺で。

それでは、お疲れさまでした。

えいしんさんへ

コメントありがとうございます。

私も子供の頃から、「茶漬け」といえば永谷園で育ってきました。やっぱりあれは美味しいですよね。

魯山人が永谷園を食べたら、どういう感想を漏らしたのでしょうね。「こんなもん、茶漬けではない!」とか言って激怒するとか (笑)

ちなみに、永谷園が「お茶漬け海苔」の発売を開始したのは昭和27年で、魯山人が没したのは昭和34年ですから、魯山人が永谷園を食べた可能性はあります。
====================

はじめまして

はじめまして
ブログ訪問ありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
38位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。