FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろきこともなき世、において必要とされる感性

白洲正子 私の骨董

Pen : Kaweco - AC sport (F)
Ink : faber castell - Moss Green

たとえばここに唐津のぐいのみがあるとする。その陶土を見てそれが唐津であり、鉄砂で絵を描いたことは判る。物識りはその上に、高台の作りかたとか、火加減とか、窯変の面白さなどに薀蓄をかたむけるであろう。
だが、それらの綜合の上に成り立っている一個の器について何も説明したことにはなるまい。
いかにそれが美しいか、絵が面白いか、千万の形容詞をつらねても美そのものを語ることはできない。
そこでは知識も学問も何の役にも立ちはしないのだ。


白洲正子 : 私の骨董
====================

前稿に続いて、白洲正子の遺した言葉について考えてみたいと思います。
  
白洲正子が上の箇所を記した際に意図したのは、ウンチクばかり垂れてセンスの無い、自称専門家に対する批判だと思われます。

それを、我々の身近な世界に置き換えて考えてみると、美術館で貸し出されている音声ガイドを聞くことに夢中になり、作品をロクに見もしないでわかった気になる人が相当するでしょう。
美術館 音声ガイド
なにを隠そう、私自身もうっかりすると、そんな人間になることがあります。

まさしく正子が伝えているように、どんなに知識を積み重ねたところで、美を理解できるとは限らないのです。

しかし、実際のところ、美術館に行って何の知識も無いまま漠然と絵や彫刻や器を眺めて、それらを名作だと感じられるかというと、それは難しいですよね。

やはり、人が生み出す一流の作品、一流の仕事の美しさを理解するためには、そのすばらしさを理解するための知識が必要です。

では、そこで言う 「知識」 とは何でしょうか。その作品にまつわる直接的な知識も含まれるでしょう。例えばテレビでいうなら、「美の壺」、「日曜美術館」、「美の巨人たち」 といった番組で紹介される情報は、良いとっかかりになると思います。しかし、白洲正子が言いたいのは、美術に関する直接的な知識だけでその作品の持つ美を理解することはできない、ということなのです。

前稿で、正子が遺した 「道草が大事なの。人間は道草をしないとダメよ。私なんて、道草をしながら生きているようなものね」 という言葉をお伝えしましたが、道草を通じて自然に身につく知識の積み重ねが重要だと正子は説いています。

そうした知識がやがて教養となり、教養が品格を生み、品格が美に対する感性をもたらすのではないでしょうか。

ここで私が言う 「品格」 は、なにも高尚な次元に限りません。子供から大人へと成長する過程のなかで、誰もが教養を高め、品格を徐々に身につけてゆくわけですから、程度の差こそあれ、通常、大人は誰もが品格を備えているのです。

ですから、全ての人は、若いうちから、他人の作品や仕事に対して、「あっ、これは美しいな」 と感じるシーンがあるはずです。

例えば、男性であれば、サッカー選手の一本のパスをみて、「美しいプレーだなあ」 と感じることがあるでしょう。女性であれば、ドラマにおける俳優さんの演技をみて、「すばらしい」 と感動する局面に出くわすはずです。
ジダンのパス

こうして人は誰でも、身近なわかりやすいところで 「美」 というものを感じています。本来は年齢とともに、知識を重ね、教養を高め、品格のレベルも上がり、美に対する感性も鋭くなってくるはずです。

そうするとだんだん、若い頃には気付かなかった、日常生活にあふれているモノや身近な人の仕事ぶりに対しても、「美しいな」 と思えるシーンが増えてきます。「美しい」 と感じるシーンが増えれば増えるほど、日々の生活は豊かになるし、自らがこなす仕事も (職場であれ、家庭内であれ) どんどん洗練されてゆきます。

激動の幕末に生きた高杉晋作は、「おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなすものは心なりけり」 という言葉を残しましたが、最後の 「心なりけり」 を 「感性なりけり」 と読み替えてみましょう。
高杉晋作 おもしろきこともなき世を

「おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなすものは感性なりけり」

白洲正子が伝えたかったことは、この言葉にあると私は考えます。

誰もが人生において経験を重ねるとともに、感性を向上させ続けてゆくことができる世の中になったらいいなと思います。

しかし、現実をふりかえると、年齢とともに自分をとりまく環境は複雑化し、忙しくなってゆきますから、よほど自らが意識していないかぎり、日々の生活に流されてしまい、感性の向上は止まってしまうケースがほとんどではないでしょうか。

かくいう私も忙しいことを理由に、年々、読む本の数が減ってきています。感性の成長も止まっているのかもしれません。

2016年、「おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなすものは感性なりけり」 という言葉を肝に銘じて、昨年より一冊でも多く本を読み、道草に励みたいです。
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
365位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
39位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。