FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左手にロレックス、右手に100円ボールペン

池波正太郎 男の作法

Pen : Pelikan - M800 Rollerball
Ink : Broad, Blue

万年筆とかボールペンとかサインペン、そういうものは若い人でも高級なものを持ったほうが、そりゃ立派に見えるね。万年筆だけは、いくら高級なものを持っていてもいい。つまり、いかに服装は質素にしていても万年筆だけは、たとえばモンブランのいいものを持っているということはね。

池波正太郎 : 男の作法
====================

2016年、最初に読んだ本は池波正太郎の 「男の作法」 でした。この本は、10年ほど前に読んだのですが、手にとってパラパラと眺めてみたらすっかり中身を忘れていることに気付いたので再読することにしたのです。

万年筆について語られている上記の箇所は、最初に読んだときにはおそらく読み流していたはずです。しかし、潜在意識に刻み込まれていたのでしょうか。近年、私はペン収集が趣味になってしまいました。

池波さんがこの本を出されたのは1981年。当時は万年筆が衰退し始めていたとはいえ、ビジネスマンでも万年筆を仕事で使う方がおられたはずです。

しかし、その後はボールペン全盛の時代になり、現在、ビジネスマンで万年筆を使う方はほとんど見かけません。

私の場合、オフィスに万年筆は置いてあるものの (*インクが乾いてしまうリスクの無いプラチナのセンチュリー3776シリーズです)、基本的にはボールペン (主に水性) を使っています。

ボールペンのメリットである、インク漏れのリスクが無いこと、突然のインク切れのリスクが少ないこと、速記してもインクフローが安定していること、といったことを考えると、ビジネスの現場では万年筆よりボールペンの方が実用面で勝るというのが私の結論です。

そんなわけで、池波さんの上述の言葉を現代風に置き換えるなら、「ボールペンだけは、いくら高級なものを持っていてもいい。つまり、いかに服装は質素にしていてもボールペンだけは、、、」 ということになりましょう。

池波さんはペンに関し、「男の作法」 で次の言葉も遺されています。

「男が (*ペンを) 外へ出て持っている場合は、それは男の武器だからねえ。刀のようなものだからねえ、ことにビジネスマンだったとしたらね。だから、それに金をはり込むということは一番立派なことだよね。貧乏侍でいても腰の大小はできるだけいいものを差しているということと同じですよ」

この箇所を目にしたとき、昨年末の出来事を思い出しました。

ミーティングでお会いした、某大手企業の重役のことです。

その方は、一目でそれとわかる、ブルックス・ブラザーズのブレザーとシャツとネクタイを着ておられました。
Brooks Brothers

持たれているブリーフ・ケースはTUMIの定番26108。
TUMI 26108

左腕にはゴールド・カラーのフルーテッドベゼルが眩しい、ロレックスのデイトジャスト。
Rolex DATEJUST

ビジネスマンに人気の高いブランドが勢ぞろい、というかんじですね。

そんな方がミーティングの席において、TUMIのブリーフ・ケースから取り出したペンは、、、プラスチックの100円ボールペン (2色) でした !
2色ボールペン

私のようなマニアは別にして、ビジネスマンの場合、必ずしも高級ペンを持つ必要は無いと思うのです。数千円、いやわずか千円も出せば、ピカピカのロレックスと一緒に目に入っても違和感のないペンはいくらでもあるのですから、普通はそれで充分です。

時計に何十万円もかける方が、なぜ100円ボールペンなのか。

私の価値観は池波さんのそれに近いので、高級ペンを持つ方が量販店のスーツを着ていても全然違和感はありません。しかし、たとえ身をブランド品で固めていたとしても、手にするペンが安価なものであると、その方の品位を台無しにしてしまうことがわかりました。実にもったいないことです。

その一方でふと思ったのです。自分も同様に、何か一点の隙によって 「この人、ダメなんだろうなあ」 と人様に思われていることがあるのではないかと。

「俺は人からどう見られようと、そんなことは気にしないよ。自分は自分だ」 という考え方もあるかもしれません。

しかし、ビジネスの世界においては、人とのつながり無くして仕事は成り立ちません。そう考えると、見栄や虚栄心といった次元から超越したところにおいて、「自分は人様からどう見られているのか」 という意識を持つことは、多くのビジネスマンにとって、美しい仕事を目指すうえでとても大切なことではないかと思うのです。

「常に他人様に見られている」 ということを意識を忘れずに、2016年も美しい仕事を目指してゆきたいです。
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
41位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。