スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクラのジュースで血糖値を下げる

オクラのジュース

今回は私のお気に入り、オクラのジュースをご紹介します。

納豆、山イモ、オクラといったネバネバ食品は身体に良いと言われますね。このネバネバの正体はムチンや水溶性食物繊維のペクチンでして、胃などの粘膜を保護し、コレステロールを下げ、血糖値も下げる効果があるとされています。

このオクラジュースに興味を持ったきっかけは、2015年6月10日に放映された、NHKのためしてガッテン 「食べて糖尿病大改善!」でした

この番組によると、腸内の善玉菌を増やすことが、糖尿病対策に有効であることが近年の研究で明らかになったとのこと。善玉菌を増やす方法として、番組HPでは次のように述べられています。

++++++++++++++++++++
< 血糖値を下げる腸内細菌を増やす食品について >
腸内細菌は 「水溶性食物繊維」 を食べて増えていきます。水溶性食物繊維が多くふくまれる食品は、ゴボウやたまねぎなどの根菜類、キノコ類、ひじきやわかめなどの海藻類、納豆やオクラなどねばねばする食品です。
++++++++++++++++++++

これを見て、「オクラのネバネバだけを取り出して飲んだら効率的じゃないか」 と考えました。

作り方はこんなかんじです。

1) オクラ1パックを適当にスライスして1リットルくらいの水にさらします。
2) 半日から1日くらい冷蔵庫で置くと、ネバネバジュースができあがります。
3) これをザルで漉して容器に入れます (上の写真)。

調味料も何も入れません。あとはこれを水代わりに飲むだけ。

少し青くさいですけれど、かすかな甘味も感じられ、トロっとした喉越しも良く、私は好きです。

ペクチンだけを抽出するつもりなら、熱を加えた方が効率良いのですが、そうすると熱に弱いムチンが消えてしまいます。せっかくならムチンもとりたいので、私は熱を加えずにネバネバを抽出することにしています。

このオクラ、一日置いては抽出し、また水を加え、と繰り返して3回くらいは使えます。

最後の残ったオクラの実は、味噌汁に入れるなど、他の料理に使うことができます。

今日はめんつゆで3分ほど煮て、冷ましてから酢を加え、おろし生姜をそえていただくことにしました
オクラの残り実の活用

このオクラのジュース、妻に作ってほしいと繰り返しお願いしているのですが、めったに作ってもらえません。妻には、「普通の家庭なら、奥さんがご主人の健康を憂慮して 『あなたはこのままだと糖尿病になるから、このジュースを飲みなさい』 って言って作るものじゃないかな?」 と問いかけるのですが、全然効果なし。

「自分の健康は自分で守りなさい」 という無言のメッセージと理解しました。オクラの買出しからシコシコ自分でやらねばならない生活が続きそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
44位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。