スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパゲッティにスプーンを置かないという哲学

スプーンとスパゲティ

日本ではスパゲッティを食べる際、スプーンの上でクルクル巻いて食べる人が多いです。このことは、「まっとうなイタリアンを見定める」 という稿でお伝えしたのですが、イタリア本国はもちろん、他の欧米諸国でもあまり見かけないスタイルです。

先日、イタリアの方、何名かに会う機会がありましたので、この日本における奇妙なスタイルについて質問してみました。

するとどうやら、スパゲッティを食べる際にスプーンを使う習慣は、イタリア南部に残るものだということがわかりました。しかし年々、イタリア南部でもこのスタイルは減少する傾向にある、すなわちスパゲッティを食べる際にはフォークのみを用いるスタイルが優勢になってきているようです。

イタリア北部ではもちろんのこと、南部でも消えつつあるこのスタイル、日本で 「正式なイタリアンの食事マナー」 として残るとしたら、笑止千万と言うほかありません。

さて、日本において生きている、スプーンを使ってスパゲッティという奇妙なスタイルについて、次のふたつのシチュエーションを考えてみたいと思います。

シチュエーションその1: アタックした女性との初めてのデート。イタリアンレストランで注文したセットメニューにスパゲッティが組み込まれていた。自分はスプーンを使って食べるのか否か。

シチュエーションその2: 自分が開業したイタリアンレストラン。スパゲッティをオーダーしてくれたお客さんに対して、フォークと同時にスプーンも机に置くのか否か。

まず 「その1」 から。

日本においては大抵の場合、女性はスプーンを使ってスパゲッティを食べるでしょう。それに対して 「キミね、イタリアではスパゲッティを食べるとき、スプーンを使ったら笑われるんだよ」 なんて言ったら、ゲームオーバーです。だからそれは言えないとして、問題は自分がどうするかです。

選択肢1 : フォークだけで食べる
選択肢2 : 奇妙だと思いつつ、相手にあわせてスプーンを使って食べる

実を言いますと、私は妻と (当時は結婚前) 最初の頃のデートで、選択肢1をとりました。自分が 「美しくない」 と思うことは、どうしてもやりたくなかったんです。妻は 「この人はマナーが悪い人ね」 とマイナスポイントで見たのかもしれませんが、「それで嫌われるなら、ご縁が無かったと思ってあきらめよう」 と判断しました。

選択肢2をとる男性は、優しいんでしょうね。私には真似できません。

次に 「その2」、イタリアンレストラン開業のケースです。

笹島保弘シェフが展開するレストラン、「 イルギオットーネ (下の写真)」 のように、「日本発のイタリアン」 というコンセプトの店を自分が出店するとすれば、日本のイタリアンのスタイルに従って、スパゲッティのオーダーに対して、スプーンを置くようにします。
イル ギオットーネ

しかし 「本格的なイタリアン」 を目指す店であれば、スプーンを置きません。もちろん、お客さんから 「スプーンをください」 とリクエストされれば断りませんが。

たとえ、食べログに 「パスタ (スパゲッティ) のオーダーに対してスプーンを置いてくれないのは不親切」 とネガティブに書かれたとしても、置かないでしょう。

なぜかというと、スパゲッティを食べる際にスプーンを使うのは、私の美的センスに合わないからです。

フォークだけで食べることができるものにスプーンまで使うというのは無駄であり、無駄は美しくない、と思うのです。

自分がもし店を出すとすれば、そうした細部まで自分の哲学を込めた店にしたいです。逆に言うならば、それくらい哲学を込めなければ、良い店はできないと私は信じてます。

良い店、良い宿は、注意しないと気がつかないような細部に、オーナーや支配人の哲学が込められています。「こだわり」 と言ってもよいでしょう。客はその哲学を読みとることで、レストランや宿で過ごす時間を、より豊かなものに高めることができます。自分が店を出したら、お客さんにはそうやって楽しんでいただきたいと思います。

プロフェッショナルとは、「自分が手がける仕事において、その細部にまでわたって、哲学を込めることができる人」、ということなのかもしれません。
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
38位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。