FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M800 バーント・オレンジをポチッてしまいました

ペリカン バーントオレンジ 2


昨年8月、ペリカンの万年筆、M800 ブルー・オ・ブルー (下記写真) を悩んだ末に購入した顛末をお伝えしました。

M800 ブルー オ ブルー

「限定ものには惑わされない」、というポリシーの私ですが、万年筆に限っては、なかなか自分をコントロールできないのが悲しいところ。。。

そんな中、またまたペリカンが特別生産品で私を悩ませてくれました。

その名も 「スーベレーンM800、バーント・オレンジ」。“Burnt” なので、少し焦げた感じのオレンジです。

以前、「オレンジの誘惑」 という稿でお伝えしましたが、私、オレンジが大のお気に入りなんです。

「ペリカンのペンはすばらしいけれど、値段も高いので、もう手は出すまい」 と決意していたのですが、ペリカンのサイトの写真と文章をみて、私の決意は大地震でグラグラに揺らぐ高層ビルの状態になってしまいました。

ペリカン バーントオレンジ 1

(ペリカンのサイトからの引用) = 温かみのあるオレンジの色の胴軸は、ダークブラウンのキャップと尻軸によって完璧な色合いに仕上げられています。800バーントオレンジのボディは高級樹脂で作られ、その後磨きこまれています。 =

日本に来るのは限定1500本とのことで、悩みに悩んだ挙句、「ここで買っておかないと、一生後悔するかも。自分へのクリスマスプレゼントということもあるし」 と勝手に理由付けして (?)、ポチることを決断。

字幅は何にするか、これまた悩みましたが、M800では、すでにF(細字)は緑縞で、M(中字)はブルー・オ・ブルーで、BB(極太)は青縞で持っているため、B(太字)を決断。

それにしてもM800を4本も持ってしまうなんて、我ながら呆れます。

ちなみに、昨年購入したブルー・オ・ブルーは、まだ包装も開けていない状態で保存しています。

自分でも自分の心理がよくわからないのですが、「限定品を新品未開封の状態で持っている」 というのが、なんか嬉しいんですよね。これって、年代モノのワインをキープする人たちと同じ心境なのかもしれません。

今回のバーント・オレンジも、新品未開封のまま寝かすつもりです。熟成が進んで日の目を見るのは何年後でしょうか。。。
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
41位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。