FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンディ・ウォーホルは商売をアートと考えた

ぼくの哲学

インタヴューでぼくが事務所をどういうふうに動かしているのかと事細かく聞かれたりするけれど、実はぼくが事務所をどういうふうに動かしているじゃなくて事務所がぼくを動かしているんですと説明しても、ぼくが“稼ぎを入れる”みたいな言い方をするから、ぼくの言いたいことがわかんなかったみたい。
病院にいた時は事務所のスタッフがちゃんとやってくれて、ぼくなしで動いていたから、これが活動商売なんだなと思った。それがわかってうれしかった。その頃すでに商売が最高のアートだと思うようになっていたからね。

アンディ・ウォーホル : ぼくの哲学
====================

1968年6月3日、当時40歳だったアンディ・ウォーホルは、バレリー・ソラナス (下の写真) という女性に狙撃されますが、奇跡的に一命をとりとめます。
バレリー・ソラナス

下の写真は、復活後のアンディです。
キズだらけのアンディ

九死に一生をえた自分の生き様をアートとして考えたことが、写真からもうかがえますね。

上の文にある「病院にいた時は事務所のスタッフがちゃんとやってくれて、ぼくなしで動いていたから」 という箇所は、その時のことを意味しています。

アンディは自らの事務所について、「ぼくが事務所を動かしているのではなく、事務所がぼくを動かしている」と述べています。これは、社長であるアンディがリーダーシップを発揮しなくても、各々の社員は (*アンディもまた、社員のひとりにすぎません)、組織として目指す方向を理解しており、自分がやるべきことを実行しているということです。アンディは事務所がそのような状態になっていることを、入院中に確信します。

上の文でアンディは「それがわかってうれしかった」と述べています。何がうれしかったのでしょうか?

「社長が不在でも、問題なく組織が運営されていたこと」ではありません。

「最高のアート作品を作ったこと」 がうれしかったのです。“最高のアート作品”とは、“各々が自立して動き、利益を生み続ける組織”です。

事務所の運営をすすめるにあたって、社長のアンディが、社員を手足のように使うという組織にすることもできたはずです。しかし、それは彼の目指すところではありませんでした。

社長の手足となって働く社員は、言うならば社長のロボット。働くことに対する喜びは無いですし、彼らが創造性を発揮できる余地はありません。

アンディ・ウォーホルは人間ひとりで出来ることの限界を知っていました。組織のメンバーが喜びを持って働き、創造性を発揮してくれる環境でこそ、限界を超えるアートを実現できると考えたのです。

アンディの考えるアートとは何か。本文にあるとおり、商売、すなわち利益を生み続ける活動を最高のアートだと考えていました。

事務所は、絵や彫刻などの人に見せる作品ではありません。しかし、“商売”そのものを最高のアートと考えていたアンディにとって、事務所は最高のアート作品だったのです。

19世紀の印象派の出現から、アートの世界は変革を続けてきました。そうした流れの果てに、アンディ・フォーホルは 「商売そのものがアート」 というコンセプトを発見するに至ります。

私は、これこそ、アンディが人類に残した最大の功績ではなかったと思うのです。

ということは、全てのビジネスマンに言えることですけれど、利益を生む活動ができているならば、それはすでにアートということです。たとえ小さなチームのリーダーであろうとも、メンバーが喜びを持って働き、創造性を発揮してくれる組織になれば、それは最高のアート作品です。

どんな職業に従事しようとも、アーティストとしての意識をもって仕事に向かうことが大切な時代になってきていると私が考えるのは、そうした理由からです。

アンディ・ウォーホルのエピソードと同じような内容を、以前ご紹介した、現代アートを楽しめる温泉宿である大黒屋 (下の写真) のご主人、室井俊二さんの言葉に見ることができました。
渡辺 豊重

====================
私が目指してきたのは「渡り鳥的経営」だ。
渡り鳥は、ある季節になると餌を求めて移動する。その時、リーダーというものはいない。しかし、それぞれの鳥の方向性が同じだから、群れになって、季節に応じた新しい餌場に向かう。(中略)
トップ・リーダーの命令で飛んでいるわけではない。

鷲田小弥太・室井俊二 : 奇跡の温泉宿 本物のサービス経営
====================

大黒屋は、宿そのものが偉大なアート作品になっているのだろうなあ、と思います。いつの日か大黒屋を訪問して、“アート作品としての組織” というものを肌で感じてみたいです。
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
384位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
37位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。