FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の感じる時間の速度とは

日本ブランドで行こう

カスタム ストライプ (パイロット) : ペン
ブラウン (ペリカン) : インク

日本は古い国だけど、いまの日本の社会は非常に新しいんですね。 (中略)
言葉そのものが変わったね。マーク・トウェーンは100年以上前の作家ですが、まったく今の言葉として楽しく読めるわけです。でも明治時代の本を、いま誰が読めますか。まして江戸時代の文章。江戸の文章といっても、たかだが150年前ですよ。その意味で言葉も変わったし、いろいろなことが変わって断絶があったんです。イギリスは一度も断絶なく続いた国だから非常におもしろいですね。

アレックス・カー : 「日本ブランド」で行こう
日本ブランドで行こう

====================

アレックス・カーさんのことは、2007年に放映された「情熱大陸」という番組で知りました。テレビにはあまり登場されまていませんが、純粋なアメリカ人でありながら日本文化に精通されている方で、著述業をはじめ様々な活動をされています。
アレックス カーさん

そのアレックスさんは 「日本は古い国だけど、いまの日本の社会は非常に新しい」 と述べられています。これは日本人には思いつかない、ユニークな視点ではないでしょうか。

アレックスさんがそのように考える根拠のひとつとして日本語の文章をあげておられます。たしかに、明治時代の文章でも、我々は読むのに苦労します。ましてや江戸時代の文章となれば、それは「古文」となり、大学受験で古文の勉強をしても、なかなか読めるものではありません。

一方、英語の文章はかなり昔のものでも、ほとんど違和感なく読むことができるのです。たとえば300年近くまえの1719年に書かれた 「ロビンソン漂流記」。私がざっとみるかぎり、現代英語とのギャップは感じません。(下の写真はロビンソン漂流記の初版)
ロビンソン漂流記 初版

考えてみますと、ヨーロッパでは「300年前につくられた家」などに、現在でも普通に人が暮らしていたりします (もちろん内部のリフォームは必要です)。日本は木造建築が多いせいもありますが、300年前につくられた家に暮らす人なんて皆無ですよね。

こうした背景から私が考えたのは、「時間に対する体感速度が、西欧人と日本人では全然違うのではないか」 ということです。

すなわち、イギリスを例にしますと、彼らは300年前の家に住み、300年前に書かれた本を普通に読めるわけですから、300年という時間は身体感覚でとらえられる、短いスパンなのではないでしょうか。

一方、多くの日本人にとって、300年という時間はとんでもなく遠い昔のはずです。

ということは次のようにも言えると思うのです。

仮に平均寿命を80年とした場合、西欧人にとって80年の人生は 「短い時間」。これに対して日本人にとって80年の人生は 「長い時間」。

したがって、西欧人は 「短い人生、精一杯、楽しまないと」 という発想になり、濃密な時間の使い方をしていると言えそうです。稼いだお金に関しても、貯蓄より消費を優先する思考特性となるでしょう。

これに対して日本人の場合は、双子の姉妹で100歳を越えた、きんさん、ぎんさんが、テレビ出演で稼いだお金を 「老後の蓄えにします」 と答えたことからもうかがえるように、「人生はまだ長いから貯蓄が大切」 という思考特性になりがちです。
きんさん ぎんさん


日本人の貯蓄率が高くて消費にまわらないため日本政府は苦慮していますが、その根底には、時間に対するこうした日本人独特の思考特性があるのかもしれません。

西欧人と日本人の時間に対する認識差。これは価値観の問題ですから優越はありません。

私自身は50歳に近づいた年齢のせいでしょうか。最近、西欧人の考え方に傾くようになっています。

そのように考えはじめてから、出会う人にも、出会う風景にも、出会うモノにも、いとおしさを感じるようになりました。人生が奥行きの深いものになっていくような気がしています。
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
41位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。