スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピュアモルト三兄弟

三菱 ピュアモルト プレミア

ピュアモルト、と言ってもウイスキーの話ではありません。三菱鉛筆の筆記具です。

ピュアモルトのペンの軸はウイスキーの樽から作られており、この木の感触がとても心地良いのです。

私はこのオークウッド・プレミアム・エディションの3機能ペン (シャープペン、ボールペン2本、型番 MSE-3005) がお気に入りで、以前、レポートを掲載しました。

これに味をしめまして、同じピュアモルト・オークウッド・プレミアム・エディションのシリーズから、さらに2種類のペンを購入しました。

上の写真は左から右に次の順番で並んでいます。

左 : MSE-3005 ピュアモルト 3機能ペン

中 : SS-2005 (ボールペン)

右 : M5-2005 (シャープペン)

こうして並べてみると、3機能ペンのサイズの大きさがおわかりいただけると思います。

重量の差は次のようになっています。

・28g = 3機能ペン
・23g = ボールペン
・22g = シャープペン

ボールペンとシャープペンの重量差はわずか1gですけれど、手で持って比べるとこの差を感じます。人間の手って本当に敏感なんだなあ、と思います。

軸径の差は次のとおりです。

・12mm(最大)、10mm(口金部分)= 3機能ペン
・11m (最大)、 9mm(口金部分)= ボールペン・シャープ

3機能ペンは径で1mm太いだけですけれど、手に持つとこの差は大きく感じます。

ペンの長さは差があります。

・140mm = 3機能ペン
・132mm = ボールペン
・135mm = シャープペン

シャープペンとボールペンの差は、口金の長さの差ですね。

クリップは、3機能ペンだけが長く他の2種は同サイズです。

このピュアモルト・オークウッド・プレミアム・エディションには、他にも様々な商品がありますけれど、シンプルなデザインのこの3種が美しいと私は思います。

3機能ペンの使用感については、以前お伝えしたとおりですので、ここではボールペンとシャープペンについてお伝えします。

まずボールペンですけれど、長さ、太さ、重さはバランスのとれた良い設計だと思います。

ボールペンで唯一、残念なところは替芯です。このペンには「SJ-7」という0.7mm芯が標準装備されています。インクの出は悪くないのですが、同社のジェットストリームに比べると劣ります。クチコミで、同社の「パワータンク用替芯 SJP-7も使用可能」という情報を見て試してみましたが、やはりジェットストリームの滑らかさには及びません。

とは言いましても、あくまでもジェットストリームとの比較で劣るという話ですので、普段使う際には全然問題無いレベルです。

続きましてシャープペンです。これも文句無しのすばらしいペンです。とても書きやすいです。ただ、残念なのは0.5mm芯しか無いこと。これの0.7mmがあれば自分にとっては最高なんですけど。。。

そしてもうひとつ。はっきりしたことはわかりませんが、このシャープペン、製造中止になっている可能性があります。私はこれに備え、追加で一本を購入し、スペアとして保管しています。

さて、この3種のペン、軸の色に違があるのがおわかりでしょうか。実は、中央のボールペンだけ、「KOYO ポリマール プラスチック磨きクロス」で磨いてみたのです。
プラスチック 磨きクロス

10分ほどシコシコ磨いてみたのですが、ラッカーで塗装したみたいにツルツルの表面になりました。

これはこれで見た目に美しく良いかんじですが、手にした感触は磨いていない方が少しザラつきを感じ、私は好きです。このあたりは好みは人によると思います。

以上、ピュアモルト三兄弟のレポートでした。
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
44位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。