FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江夏の21球、の謎を追う

江夏の21球  山際淳司
パイロット  : カスタム743  (M)
ペリカン   : ロイヤルブルー

山際淳司   江夏の21球

その息づまる緊張のなかを、カープの一塁手、衣笠が江夏のところに近づいていったことを記憶にとどめている人は少ない。江夏が佐々木を2-1と追い込んだとき、衣笠がマウンドに近寄った。そこで衣笠はこういったのだ。
< オレもお前と同じ気持ちだ。ベンチやブルペンのことなんて気にするな >
江夏がいう。
< あのひとことで救われたいう気持ちだったね。オレと同じように考えてくれる奴がおる。おれが打たれて、何であいつが辞めなきゃいかんのか、考えてみればバカバカしいことだけどね。でも、おれにはうれしかったし、胸のなかでもやもやっとしとったのがスーッとなくなった。そのひとことが心強かった。集中力がよみがえったいう感じだった >
====================

久々に山際淳司の 「江夏の21球」 を読み返してみました。これは 「スローカーブを、もう一球 」 という本に収録されています。

今回、じっくりと読んでみたとろ、上述の箇所でひとつの謎が浮かびあがりました。

そのお話をする前に、「江夏の21球」をご存知ない方もいらっしゃると思うので、簡単に背景をご説明します。

1979年の日本シリーズは、広島 VS 近鉄となりました。1979年に江川事件により小林 繁が巨人を去ったことで、私はアンチ巨人となり、同時になぜか近鉄ファンになりました。

近鉄のユニフォームがカッコ良かったのと、4番マニエルを中心とした破壊力ある打線が魅力満点だったためです。近鉄にとって、悲願の初日本一がかかったこのシリーズ、私も熱い思い込めてシリーズを追っていました。

この日本シリーズは最終第七戦までもつれます。

試合は4-3で広島がリードしたまま、9回裏に突入。無死満塁まで近鉄は攻めたてたものの、投手の江夏はこの大ピンチをしのいで零点におさえ、広島が優勝。江夏が9回裏に投じた21球は、球史に残る伝説となりました。

さて、冒頭にあげた箇所は、無死満塁、バッターは前年に首位打者をとったスラッガー、佐々木恭介という場面です。

実はこの場面を迎える前、無死一・三塁という状態になったところで、広島の古葉監督は、北別府と池谷の両投手をブルペンへ走らせ、投球練習を始めさせています。

「広島の守護神」 として監督から絶対的な信頼を得ていると信じていた江夏は、二人の投球練習をみて、「自分は監督から信頼されていない」 と感じ、大ショックを受けるのです。

古葉監督は、「延長にまでもつれたときに備えて他のピッチャーにも準備させよう」 というつもりだったとのことですが、江夏はそのように受け取りませんでした。

江夏の腸(はらわた)が煮えくり返るような思いを、たった一人、一塁手の衣笠は気づき、マウンドに近寄り、江夏に声をかけた。それが冒頭の文です。
江夏の21球  衣笠が語りかける場面

前置きが長くなりましたが、この文をよく読むと、おかしな箇所があります。

江夏のコメント、<オレと同じように考えてくれる奴がおる。おれが打たれて、何であいつが辞めなきゃいかんのか>。なぜ、唐突に 「あいつ(衣笠)が辞めなきゃいかんのか」 という文が入るのか? 前後の文脈と辻褄が合いません。

この謎が気になって、youtubeに出ている江夏の21球に関する番組をいくつか調べてみました。あるインタビューで、江夏はこう述べています。

++++++++++++++++++++
江夏 : ブルペンに二人出ていたったということで、かなりブン返していましたから。まあそれを衣笠君がいろいろ慰めてくれて。あらためて友達っていいなと思いました。彼の一言がものすごく自分を勇気付けてくれました。

インタビュアー: どういうひとことだったんですか?

江夏: まあ、はじめはあのう、「この場面はおまえしかいないんだから」で、いったんファーストベースに帰りかけて、またパッと振り返って、もう一言 「なんかおまえにもし(ものことが)あったら、オレも同じようにユニフォーム脱いでやるよ」。これ、嬉しいですよね。そこまで腹の気持ちをわかってくれるやつがね(いてくれて)。
++++++++++++++++++++

これで山際さんの文に出てくる、<おれが打たれて、何であいつが辞めなきゃいかんのか>、という謎の箇所の意味がつながりました。

山際さんは亡くなられたので、もう確かめる術はありませんが、おそらく編集の段階で、衣笠の 「なんかおまえにもし(ものことが)あったら、オレも同じようにユニフォーム脱いでやるよ」 という言葉が削られてしまったのだと推測します。

いずれにせよ、集中力が途絶えかけていた江夏に百倍の勇気を与えた衣笠の一言は 「オレもお前と同じ気持ちだ。ベンチやブルペンのことなんて気にするな」 ではなくて、山際さんの文には出てていない 「おまえにもし(ものことが)あったら、オレも同じようにユニフォーム脱いでやるよ」 であったことは、間違いないでしょう。

この衣笠の一言が無ければ、ヤケクソ状態だった江夏は立ち直ることができなかったでしょうから、近鉄優勝でこのシリーズは幕を閉じたことでしょう。

さて、一方、この、衣笠が江夏に声をかける場面に関し、衣笠が何を語ったのか、彼自身のインタビューも見ることができます。

++++++++++++++++++++
衣笠: 選手として何をすべきか、ということだけですね。だから江夏に何を言うかってっても要するにそのことだけですね。要するにぼくらは選手なんだと。他のことは一切関係ない。この場面をどうおまえが投げておさえるか。おまえ一人の力でおさえなければしかたない。
++++++++++++++++++++

また別なインタビューでは次のように述べています。

++++++++++++++++++++
衣笠: ブルペンはブルペンでいいじゃないか。とにかく、ここのケースで今ボールを持っているのはおまえだから。おまえが投げなきゃ、始まらないじゃないか。一切外を見ないで、キャッチャーとバッターだけみて勝負せえよ。おまえは別に他のこと考える必要ない。とにかく、おまえはおまえなんだから、おまえらしさをここで出して、打たれるならスッキリ打たれてしまえ。中途半端に投げて、中途半端このケース終わって負けるってことは許されなかったですね。
++++++++++++++++++++

これらを見ますと、「なんかおまえにもし(ものことが)あったら、オレも同じようにユニフォーム脱いでやるよ」、などという言葉は一切出てきません。

江夏の言うことと、衣笠の言うことには食い違いがあるのです。

ここで考えられるのは次のいずれかです。

A) 衣笠は 「ユニフォーム脱いでやるよ」 などと言っていないが、江夏はそのように受け取った。

B) 衣笠は 「ユニフォーム脱いでやるよ」 と言ったけれども、それを忘れてしまった、もしくは意図的にその事実を述べていない。

私は、A)だと思うのです。つまり、大声援で声もよく聞こえない、しかも切羽詰った極限の状況において、江夏は衣笠の幻の言葉を聞いた、ということです。

衣笠は連続試合出場の記録が物語るとおり、誠実な人だと思います。「ユニフォーム脱いでやるよ」 発言は、当然、衣笠の耳に入っているでしょう。本当に衣笠がそう言ったのなら、江夏の試合後のコメントを見て思い出すはずです。それでも、インタビューで衣笠がその事を述べていないことから、私はB)の可能性は限りなく低いと考えます。

長くなりましたが、「”江夏の21球”は、江夏の勘違によって起こった奇跡」 というのが私の考えです。

このことは何を物語るのでしょうか。

人間はコトバという便利な道具を持ったために、相手の意図するところを100%理解していると思い込み、自分の意図するところが100%伝わると思いがちです。

しかしそれは錯覚であり、現実はどれほど言葉を尽くしても、互いの意図するところはあまり伝わらない、という前提で考えておくべきだと私は思うのです。例えば、「赤」 という言葉を読んで思い浮かぶ色は、人それぞれで微妙に異なりますよね。このことからわかるように、言葉は、それ自体が不完全な道具なのです。

すなわち、我々の日常生活において、程度の差こそあれ、コミュニケーションのミスは常に起こっているということです。

それは江夏のケースのように美談となる場合も稀にありますが、多くはネガティブな方向に作用しています。

「なんで自分が言ったことを相手は理解してくれないんだ?」 ということが続くことによって、ストレスは雪だるま式に増えてゆきますね。

そんな時、私は 「人と人とが互いに理解しあえるなんてことは無い」 という前提を思い出すように心がけています。この言葉だけをみると、寂しく、孤独な気持ちになってしまいそうですが、だからこそ、人間にとって「愛」 が決定的に重要だと思うのです。

「あれ、自分の言いたかったことが相手に伝わっていないな」 とわかったとき、相手を攻撃するのではなく、「そもそもパーフェクトなコミュニケーションなんて幻想にすぎないから仕方がない。けれでも、今回は自分の伝え方に問題があったのかもしれないな」 と相手本位に考えること。それが「愛」ではないでしょうか。

まとめますと、「人と人との間で、完全なコミュニケーションは成立しない」 という人間社会の宿命がある中で、人間としての器を高めるには二つの方法があると私は考えています。

ひとつは、自分のコミュニケーション能力を高めること。もうひとつは、自分の愛の力を高めること。

この二つの方法から目をそむけていると、人間としての器も小さくなり、本当に寂しく、孤独な人生に向かってまっしぐら、ということになってしまいますね。

偉そうなこと記しましたが、実際にコミュニケーションミスが起こると、私は頭に血が登るタイプです。ただ、年齢を重ねるとともに、少しずつコミュニケーションの精度も向上し、相手への愛を持てる機会は増えてきているようにも感じています。

妻に聞いたら 「全然そんなことない。器が小さい!」 と言われましたけど。。。  妻への愛を高めてがんばります!
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
384位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
37位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。