FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉村豊男 ― 目標に向かって努力するのが嫌い

玉村豊男 プロ論
玉村豊男 プロ論

ペン  : モンブラン146(EF)
インク : ペリカン ロイヤルブルー

私には、夢がありません。小さいころはともかく、大人になってからは夢を持たずに生きてきました。現実だけを見て、そこに解決しなくてはならない問題があったら、その都度、攻略法を考えて乗り越えてきました。私は目標に向かって努力するのが嫌いなんですよ。行き当たりばったりでここまできたんです。

====================

私の敬愛する玉村豊男さん。「現在の日本において、最も文化レベルの高い人物は誰だと思いますか」というアンケートがあったら、私は玉村さんに一票入れてしまいます。

文や絵のセンスも抜群ですが、何よりも料理のセンスがすばらしい。本やテレビを通じて、玉村さんの料理に対する考え方を見ていると、「料理は頭で作るものだ」ということがよくわかります。

玉村さんがすごいなあ、と思うのは、こうした最高の文化人でいらっしゃいながら、レストラン、農場、ワイナリーなどの経営者でもあること。加えて、お住まいの長野の活性化にも貢献されていることです。

玉村さんには遠く及びませんが、私も玉村さんの生き方を見習って、少しでも近づきたいと思っています。

さて、その玉村さんが述べられた上述の  「私は目標に向かって努力するのが嫌いなんですよ。行き当たりばったりでここまできたんです」 という言葉。いやはや、カッコいいですねえ~

「三ツ星シェフ、ガニェール氏の言葉 人生が夢」でお伝えした、ピエール・ガニェール氏の 「夢というものはありませんね。すでに人生が夢ですから」 に並ぶ、カッコいい言葉だと思いました。

おそらく、玉村さんも、ピエール・ガニェール氏の言葉を見られたら、「うん、そうだよな」 と共感されるんじゃないでしょうか。

「目標に向かって努力」 という言葉を見て、私が連想するのはイチロー選手です。

イチローさんの残す言葉は、さすがに道を究めた人だけあって、重みがあります。こうした言葉は、多くのビジネスマンの励みになっていると思います。

その背景には、「体力の劣るイチローでも、努力を積み重ねることにより、メジャーでレジェンドとなれた。俺も努力を積み重ねれば。。。」 という気持ちがあるのではないでしょうか。

しかし、「努力を続ける」 という才能を持つ人は、ごく一部に限られるわけでして、”その他大勢”は努力を続けられません。もちろん、私も”その他大勢”です。

ということは、”その他大勢”にとって、イチローをイメージした生き方をすると、努力を続けらない自分とのギャップに苦しむことになると思うんですよね。

ですから、いっそのこと、玉村さんみたいに 「私は目標に向かって努力するのが嫌いだ。行き当たりばったりに生きるんだ」 と方向転換してみる、というのも面白いと思うのです。

目標に向かう人生は、その目標から遠ざかると、ストレスになります。

行き当たりばったりの人生は、ストレスがありません。

「自分」 という、予想もつかない映画の主人公を演じる人生。

21世紀となって、そんな生き方が主流になる時代に変わってきているように、私は感じています。
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
46位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。