スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50歳のオッサン、歯列矯正を終える

歯列矯正 ブラケット

妻は八重歯がもともとありまして、私は気にならなかったのですが、本人は気にしておりました。

子育てが一段落したこともあり、妻は矯正を四年ほど前に開始。歯がだんだん揃ってゆくのが嬉しいらしく、その様子をみて、私もやってみようと決意したのが三年ちょっと前。

私の場合ニッコリ笑顔するのも恥ずかしいほど、それはもう、上下ともにひどい歯並びでありました。困ったことに状況は年々悪化する一方で、歯ブラシがなかなか届かない歯もいくつか出てくるほど。

「この調子では20~30年後、虫歯や歯槽膿漏も多くなって美味しいものが食べられないかも」 という思いが熾烈矯正を決意した第一の理由です。

それとやはり、歯並びのひどいオジサンたち (自分もその一員でありましたが) を見ていて、「頭髪が薄くなったり、肌のシワやシミが増えるのは仕方ないとして、せめて歯並びくらいは整えないと見苦しいかもなあ」 と感じるようになったのが第二の理由。

この点は前稿の 「自分で自分をデザインする」 という内容にもつながる話ですね。

第二の理由は断じて 「歯並びを良くして女の子にモテたい」 というヨコシマな気持ちとは関係がありません (妻も時々このブログを見ておりますので、そう言わざるをえない状況ともいえます)。

ともあれ、実際に矯正をスタートしますと、噂に聞いていたとおり辛かったです。女性の場合、美しくなってゆく歯並びを見て元気が出て、そんな辛さも乗り越えられるのでしょうけれど、50歳を越えたオッサンはそんなものを見ても元気は出ません! 「こんなシンドイのカンベンしてほしいわ」 と逃げたくなりましたが、私の場合は上下でそれぞれ二本づつ (計4本) 歯を抜いてスタートした以上もう後には引けず、覚悟を決めてこの三年間耐え忍びました。

そしてめでたく、ついにブラケットと呼ばれる矯正器具 (トップの写真がその例) を取り外す日がやってきました。

妻は器具を取り外した日、「スッキリしてもう最高!」 とニコニコで、私もそうなると期待していました。しかし、結局、取り外した後も、器具を付け続けるんですよね。

下歯
下の歯はこんなワイヤー器具が歯の裏側に固定されます (本稿に掲載されている写真は、いずれも私のものではありません)。

上歯 リテーナー2
上の歯はこんな状態。

上歯 リテーナー
これはリテーナーと呼ばれ、この器具が上歯に装着されています。

リテーナーは取り外し可能で、当初1~2年の間は食事の時間以外は装着し続けなければいけません。歯が安定してきたら、日中は取り外せますが、就寝時には装着が必要です。

そうなんです、一生、器具から離れられないのです。そうしないと歯は毎日動きますから、きれいに揃う歯並びは維持できないのです。

口の中の違和感は以前付けていた矯正器具の時よりも減りましたが、依然として違和感ゼロというわけではありません。

そんなわけで、妻のように 「スッキリして最高!」 なんてとても思えませんでした。むしろ 「これ、一生続けるの?」 っていうかんじ。

まとめますと、高いお金と三年間という時間をかけて歯列矯正をやってみて、それに見合うベネフィットがあったかというと、私の場合、総合的にみて若干のプラスという思いです。女性はともかく、私のようなオッサン世代の方の場合、無理してやるほどのこともないと思います。

そんな私が矯正をやってみて良かったと思うのは次の点です。

1) 歯ブラシが全ての歯にきちんと届くこと
2) コカ・コーラのコマーシャルに出てくるアメリカ人の若者のように、大げさな笑顔をしたい気持ちになれること (笑う門には福来たり)
3) 歯を合計四本抜いたせいか、肩こりが激減したこと
4) 生活における様々な事柄について、キチンとしたい気持ちが強くなったこと

中でも、自分にとって一番大きなポイントは4)です。

「履き物をそろえると心もそろう」 という言葉がありますよね。歯並びを揃えたことで、履き物をはじめ机の上や引き出しの中など、無意識のうちに 「きれいに揃えたいな」 という気持ちが自分の中で強くなったように感じます。

「行動は習慣を作り、習慣は人格を作り、人格は運命を作る」 と言いますから、矯正をきっかけに 「揃える」 という習慣を徹底し、やがては 「凜とした人生」 につなげてゆきたいもの。

そのようにして将来、「矯正でお金と時間を費やしたけれど、今思えばあれは安くついたなあ」 と思えるようにせねばならぬ、と思っています。
スポンサーサイト
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
26位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。