自分で自分をデザインする

自分で自分をデザインする
Pen : Platinum Briarwood (F)
Ink : Pilot - Murasaki Shikibu

ひとめでわかる、おトク、刺激的、きれい、優雅、やさしい、誠実 - その総体があなたというブランドだとすれば、それをどういうシンボルマークにデザインすればいいのか、デザインでライトアップしてはじめて、あなたのすばらしさは輝く。

トム・ピーターズ : ブランド人になれ!
====================

ブランド人になれ
世界トップの経営コンサルタントであるトム・ピーターズが著した 「ブランド人になれ!」 という本は、購入した後、何年もの間、本棚の奥に埋もれていました。

ページをパラパラめくっているうちに、この手のビジネス本を読み漁っていた20~30代の頃を思い出しました。その頃にこの本に出合っていたら、また違った形で吸収できたんだろうなと思いました。

私のように50歳を越え、ビジネスマン人生も終盤にさしかかってきますと、ビジネス書を読んでも、「これだ!」 と響くところは少ないんですよね。感性が鈍くなってきているのかな。。。

そんな中、ガツーンと感じるページに出会いました。「デザイナーにあらずんば、ブランド人にあらず」 という節です。

ステキな文章なので、全文記載します。

++++++++++++++++++++

デザインは大事だ。あなたのライバルのほとんどは、このことをわかっていない。まったくわかっちゃいない。

私はデザインのことばかり考えている。デザインに取り憑かれている。デザインを生きている。毎日・・・

そして私は、みなさんにもそうなってほしいと切に願っている。私たちはみな、知らない人に会ったとき、ほとんどデザインで 「自己紹介」 しているからだ (たとえ自分ではそれに気づいていなくても・・・。ちなみに、私はつい最近までそれに気づいていなかった)。

どこへ行こうと、私たちは 「デザインの霊気」 を発している。服装、ヘアスタイル、名刺、報告書の書式、プレゼンテーションのスタイルなどなど。

望もうと望むまいと、どこへ行ってもお天道様とデザインはついてまわるのだから、そしてそのデザインが、ブランド人になれるかどうか、ブランド人として成功するかどうかを大きく左右するのだから、自分のデザインと美しさと運命を自分の手でコントロールしたいと思わない方がおかしい。

ひとめでわかる、おトク、刺激的、きれい、優雅、やさしい、誠実 - その総体があなたというブランドだとすれば、それをどういうシンボルマークにデザインすればいいのか、デザインでライトアップしてはじめて、あなたのすばらしさは輝く。

困ったことに、私たちのほとんどがデザインのことを考えていない。この悲しむべき事態を、私は変えたいと思う。いま、ここで。

私は、あなたがピカソになれるとは思っていない(私は絶対になれない)。

しかし、誰でも、デザインを 「気にかける」 ぐらいのことはできるだろう。世間はいつも、あなたというブランドをデザインで判断しているという事実を、素直に受け入れるぐらいのことはできるだろう。

++++++++++++++++++++

日本の多くのビジネスマンは企業に属しています。企業のブランドイメージがあまりに強いので、企業ブランド = 個人ブランド、というように他人からも見られがちです。たとえば 「XX銀行の○○さんね」 というように。

その仕組みが日本では成立しているため、企業に属する人は、「自分のブランドをデザインする」 という意識を持たなくても生きていける環境になっています。

しかし、そのような甘い環境で人生を過ごしてきた人が困るのは、自分が企業から離れた時ですよね。突然、ノーブランド品に成り下がってしまうわけです。

よく、「あの人は引退したら急に老け込んだなあ」 なんて言われる人がいますけれど、「ブランド人になれ!」 を読んで、その理由が自分の中で明確になりました。

企業人である間に、企業のブランドに頼ることなく、トム・ピータースが語る 「ひとめでわかる、おトク、刺激的、きれい、優雅、やさしい、誠実 」、こうした印象を人に与えられるように、自分をデザインしていくことが大切なんですね。それができていれば、引退後も、張りのある生活を過ごせると思うのです。

「自分をデザインする」 ということに意識を向けると、生活の全てがデザインになってきます。

トム ピーターズ
(写真はトム・ピーターズ氏)

トム・ピーターズは 「どこへ行こうと、私たちは 『デザインの霊気』 を発している。服装、ヘアスタイル、名刺、報告書の書式、プレゼンテーションのスタイルなどなど」、と述べていますが、仕事におけるメール一本、電話一本、椅子に座る姿勢、そんなこと細かいことも含め、全てが 「自分をデザインする」 につながってきます。

「ビジネスマン人生も終盤に入ってきたなあ」 なんて呑気に構えていましたが、そんな悠長なことを言っている場合ではないですね。終盤に近づいてきたからこそ、デザインの霊気への意識を高めていかねばならないと、あらためて思いました。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
265位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
30位
アクセスランキングを見る>>