スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミロのヴィーナスは美しくなかった

ミロのヴィーナス 右横顔

美の構成学  ミロのヴィーナス
Pen : MONTBLANC - 146 (EF)
Ink : Pelikan – Royal Blue

ギリシア時代はユークリッド幾何学のように数理性の研究に多くの優れた業績を残したが、ギリシア人は黄金分割をはじめ、シンメトリー、ルート矩形など多くの数理的原理を好んで建築や美術ばかりでなく生活の中に取り入れた。人体の造形美に対してもあくなき理想を求め、ミロのビーナスをはじめ多くの残された塑像から、ギリシア人の理想の人体像をみることができる。女神のプロポーションは頭部から臍までを1とすれば、臍から足の底までが1.168である。あくまで黄金比率を人体にあてはめようとする努力が見られて興味深い。

三井秀樹 : 美の構成学 
==================== 

人間は歳をとるにつれ、経験も蓄積されますし、行動する活力も衰えてきますから、「行ってみて初めてわかった」 という経験がだんだん減ってきますね。

パリについて、日本人は子供の頃からTV、本、映画といった媒体を通じて十分な情報を得ています。したがって、旅行する前、パリへ行ってもたいした驚きは無いだろうと私は思っていたのです。

しかし、実際に行ってみると、「行ってみて初めてわかった」 ということがいくつかありました。前稿のエッフェル塔がそのひとつ。本稿ではミロのヴィーナスについてレポートします。

まず、ルーブル美術館に入りますと、館内には「モナリザはこちら →」 というように、目玉作品への道順を示す案内板が掲示されています。

ミロのヴィーナスを目指して足を進めていたところ、ローマ時代に作られたと思われる彫像に出くわし、その迫力に圧倒されました。この手の持つ生命力をご覧ください。生きている人間の手、そのもののように感じました。
ローマの手

こんなすごい像なのに、ルーブルにはあまりにも有名な作品が多すぎるので、見る人は誰もいやしません。さすが世界のルーブル! もっと時間をかけて眺めていたかったけれど、時間がないので先を急ぎます。

すると見えてきたのはすごい人だかり。あそこにミロのヴィーナスがあるのか、とすぐにわかりました。
ミロのヴィーナス 混雑

初めて目にした、人類の理想の美、ミロのヴィーナス。

しかし ――― 実際にナマで見たミロのヴィーナスは、私がこれまでの人生で持ち続けてきたイメージとは異なるものでした。

なぜなのでしょう?

まず横顔です。本稿の最上段にあげましたが、もう一度、ここにあげてみます。
ミロのヴィーナス 右横顔

「美の象徴」 と呼ばれるミロのヴィーナスですが、横顔は現代における基準からすると、決して 「非のうちどころのない美人」 とは言えないと思います。みなさん、どう思われますか?

こちらの角度から見たフェースは美しいと思います。しかし 「女神」 というより、「美少年」 に見えますよね。
ミロのヴィーナス 美少年

続いて後ろ側の写真。
ミロのヴィーナス 後姿

現代のスーパーモデルの下半身とは、だいぶ異なるフォルムです。

良く言うと、腰に安定感があります。

妻にはミロのヴィーナスに並んで後ろ向きのポーズ立ってもらい、写真を撮ってみました。画像を見せて、「君の腰まわりは、後ろからみると美の象徴であるミロのヴィーナスと似ていると、言えなくもないよ」 と伝えたら、「アンタ、バカにしているの!」と冷たい言葉を浴びせられました。寅さんではありませんが、「男はつらいよ」。ブログにこの写真を掲載すると、妻にケリを入れられそうだから止めておきます。

人垣をかきわけながらぐるりとビーナス像を一周してみて、近くから像を見る場合、一番美しく見えるのはこの角度だと思いました。適度に引き締まった腹筋、ほっそりした首筋、とても良いバランスです。
ミロのヴィーナス 半身

それでも、自分が長年イメージしてきたミロのヴィーナスとは、なにかが違うんですよね。ルーブル美術館を出てから、その理由を考え続け、思い至ったのは 「黄金比」 でした。

もう一度、「美の構成学」にある、上述の言葉をふりかえってみましょう。

「女神のプロポーションは頭部から臍までを1とすれば、臍から足の底までが1.168である」

そうなんです、ルーブル美術館において、我々はこの黄金比を見れないのです。

なぜなら、像は台座の上にあり、臍は鑑賞者の目線よりはるか上にあります。
ミロのヴィーナス 全身

このため、我々は足元から像を見上げる形となり、足は黄金比よりずっと長く見えてしまう、というわけです。

ミロのヴィーナスを正しく鑑賞するためには、正面から、下の写真の目線で見る必要があります。
ミロのヴィーナス 黄金比率

これであれば、黄金比を実感できます。しかし、像の正面に台座を据えてその上に乗り、臍の位置に目線を合わせて鑑賞することなど、ルーブルの学芸員でもないかぎりできません。

ミロのヴィーナスの究極の美を鑑賞できるのは、限られた人だけ。それが現実であることを知ったしだいです。

ところで、「美の構成学」という本に、「黄金比はなぜ美しくみえるのか」 という面白い記述がありました。

++++++++++++++++++++
いったい、黄金比の1 : 1.618の比のとき、なぜ美しくみえるのだろうか。(略)
イタリアの数学者、レオナルド・ダ・ピサ (本名フィボナッチ) によって十三世紀のはじめに考案されたフィボナッチ級数という数列がある。これは0、1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144・・・と続く。つまり、前項と次項をプラスしたものがその次の項となる数列である。すると、ここに55:89が登場してくる。(略) 55:89以降は限りなく黄金比に近づくことになる。すなわち常に黄金比による相似性を持った数列なのである。
+++++++++++++++++++

89 ÷ 55 = 1.1618181…
144 ÷ 89 = 1,1617977…

不思議ですねえ。人間の感じる美が、数列に隠されているとは。。。 


<追記>
かねてより、「ルーブル美術館で実際に目にするモナリザにはオーラが漂っている」 という話を耳にしてきました。

私も、そのオーラを感じられるかと思い、正月の初詣さながらに、人垣をかきわけ、最前列まで進みました。

初めて目にしたモナリザは、数メートル先のガラスケースの中に鎮座していました。
モナリザ ガラスケース

「自分にもオーラが感じられるのか」 ドキドキしながら見つめること十秒あまり。しかし、何も感じませんでした。美を感じるセンスが無いのか? ちょっとだけ落ち込み、モナリザの部屋を後にしました。
スポンサーサイト

エッフェル塔、その実力や恐るべし

エッフェル塔 13

家族とのパリ旅行において、頭を悩ませたのはエッフェル塔を登るか否か、という問題でした。

ガイドブックを読むと、「エッフェル塔は人気スポットなので、エレベーターの行列は必至」 とあります。

心の中では、「どうせ東京タワーみたいなものだし、行ったとしても、たいして感動はしないだろうな。行列に並んでまで行くこともないか」 と思っていました。

しかし、エッフェル塔はパリ最大のシンボル。娘が子供の頃から何度もいっしょに読んできた 「カロリーヌパリへいく」 という本の表紙にも、エッフェル塔が描かれています(冒頭の写真です)。

娘にとって、家族でパリへ行って、エッフェル塔に登った、という思い出は生涯刻まれるものになるでしょう。そんなことを考え、「やはりエッフェル塔は行こう」 と決断しました。

エッフェル塔に近づいてみてまず驚いたのは、展望台がオープン・エアーになっていることでした。
エッフェル塔 15

上の画像ではわかりにくいかもしれませんので、アップしてみました。
エッフェル塔 3

東京タワーに登ったのは、はるか昔なので記憶があやふやですが、たしか屋根とガラス窓で覆われていたはずです。「こいつは東京タワーとはだいぶ勝手が違うぞ」 と思いました。

さて、塔の下のチケット売り場へ行ってみますと、予想どおり行列。しかし、向かい側のチケット売り場のようなところはガラガラです。係の方に「あちらもチケット売り場なんですか?」と聞くと、「あちらは階段で登る方のチケット売り場です」 とのこと。

観光のメインとなる第二展望台は高さ115メートル。30階建のタワーマンションと同じような高さです。行列で待つこともないし、運動にもなるから、階段で行ってみることにしました (入場料: 大人 € 7、子供 € 3)。

階段で登ってみてわかりましたが、階段はオススメです。複雑に組み合わさった鉄骨の姿がまるで近代アートのようであり、刻々とドラマチックに変わってゆくその風景が面白いのです。

下の二枚の写真は、いずれも上から地表を見下ろしたところ。
エッフェル塔 5

エッフェル塔 16

観光客を乗せるエレベーターの骨組みを下から見上げるとこんなかんじです。
エッフェル塔 6

こうして実際にエッフェル塔に登ってみて、東京タワーに登る経験とは全然違うものだと思いました。やっぱり、エッフェル塔はカッコいいです。

我々は高さ57m の第一展望台でひとやすみした後、目的地の第二展望台へ進みました。第二展望台は遮るガラス窓もなく、直接パリ市内を見渡せます。

セーヌ川をはさんでエッフェル塔の対岸にあるトロカデロ庭園。
エッフェル塔 8

こちらは凱旋門。
エッフェル塔 7

こちらは展望台の近くにあった、エレベーターの巻き上げ機構部。
エッフェル塔 9

この部分も1889年の創業以来、変わらないのでしょうか。。。 愛しさを感じてしまいます。

観光を終えて、もう一度、下から塔を見上げてみました。
エッフェル塔 10

すると、第一展望台の下に、カタツムリのような装飾が施されているのを発見。
エッフェル塔 11

こんな高いところを飾ったところで気づく人はいないでしょうけれど、それでも遊び心を忘れないのがフランスのスピリットでしょうか。

もう一度、下から骨組みを眺めてみます。
エッフェル塔 12

たいした重機もない100年以上前に、職人さんが一本一本運びあげて作ったんですよね。その頃、日本はまだ明治時代です。感無量!

「エッフェル塔、その実力や恐るべし。バカにしていてゴメン」 という思いを胸に、エッフェル塔を後にしました。
エッフェル塔 14

人間性を排除した作品に宿るモンドリアンの人間性

モンドリアンの作品

亀倉雄策 デザインと人間性
Pen : Pilot - CUSTOM HERITAGE 912 (WA)
Ink : Pilot – 紫式部

暖かくても、冷たくても、抽象は常に人間的な緊張感を求めているように思う。造形というものは、抽象の世界では、生命的な力であって、この力こそは人間性から生まれるように思われる。純粋抽象でも、デザイン抽象でも、厳しい姿勢を求めるのは同じである。そして、作品に緊張感がみなぎるのは、技巧ではなく、人間性の問題であることを忘れてはならない。抽象とは、人間そのものかも知れない。

亀倉雄策 :  デザイン随想 離陸着陸
====================

今年の夏休みは、奮発して家族でパリへ行ってきました。

私がこれまでパリへ行ったのは、2009年にロンドンから鉄道で日帰り出張しただけでした。遠くにエッフェル塔を見ながら、簡単にランチを済ませ、虚しくパリを後にしたことを覚えています。

今回はパリに5泊しましたけれど、見どころが多すぎて、時間が全然足りませんでした。世界トップレベルの、魅力に溢れた都市であることを痛感した次第です。

今回の旅行で、どうしても行きたかった名所のひとつ、ポンピドゥー・センター。
ポンピドゥー・センター 全景

レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースの設計です。ゴチャゴチャした外観が面白く、「近くで見たらどんなふうに見えるのだろう?」 と思っていました。

建物の下から上を眺めた写真がこちらです。なんだか、建設中の建物の骨組みみたいに見えますね。
ポンピドゥー・センター 下から

実際、パリの街でよく目にする、建物の外壁修復工事で使われる骨組みとよく似ているのです。
パリ 外壁修復

この建物を設計した両氏は、外壁修復工事の骨組みを元に、アイディアを練ったのではないかと思いました。

ポンピドゥー・センターの建築鑑賞を終えて、建物の内部にある、国立近代美術館へ行ってみました。名画がたくさんあるんですけれど、スケジュールがタイトだったため、わずか90分しか時間を使えませんでした (涙)

そんな中で目にした一枚がこちら。
モンドリアン New York City 1942

モンドリアンの 「New York City 1942」。モンドリアンが1944年に71歳で亡くなる、その2年前の作品です。

この絵の右下の部分をアップで撮ったカットをご覧ください。モンドリアンの筆使いが感じられます。
モンドリアン New York City 1942 下から

モンドリアンが美術の世界にその名を刻んだ作品群は、後半生記に描かれた抽象画です。その多くは、黒い線で縦横に区切られた中に赤、青、黄を埋めたもの。その一例を本稿の最上段に挙げました。

モンドリアンがこうした作品を生みだした背景に、彼が神智学に傾倒していたことが要因としてあげられるようです。神智学とは、神が創り上げたこの世の神秘を解き明かそうとする学問。モンドリアンからみれば、全知全能の神がこの世を創られているわけですから、この世は完璧な調和のもとに成り立っているのです。彼は自らの主観を排除して、完全調和の世界をキャンバス上に表現しようとしました。

モンドリアンの作品は、彼が気まぐれで線を引いて、色を塗ったわけではないんですね。何度も思考錯誤を重ねたうえで、赤の部分は赤でなければならない必然性があり、青の部分は青でなければならない必然性があるという確信のもとに描かれているのです。

その結果、絵に独特の緊張感、生命感が生まれました。

このデザインさえ知ってしまえば、絵のコピーをつくることは誰にでも可能でしょう。しかし、コピーに値段は付きません。モンドリアンの絵に価値があるのは、彼がこのデザインを生み出したことにあります。

このように、モンドリアンは、自らの感情や感覚といったものを放棄し、完全調和の世界を抽象画で再現しようと試みた人でした。しかし、上述の亀倉雄策さんの言葉を見て私が思ったのは、完璧な抽象の世界を作り上げたがゆえに、モンドリアンという人の人間臭さが作品に色濃く残ってしまっている、ということでした。

我々がモンドリアンの作品をみてカッコいいと感じるのは、モンドリアンの人間性に惹かれているからなのでしょう。モンドリアンの肉体はもうこの世にありませんが、作品を通じて彼は今も生き続けています。
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
43位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。