真剣師、小池重明の魔手、5八歩

小池重明の5八歩
Pen : PeliKan - M400 (F)
Ink : Pilot – Cosmos

☗5八歩。観戦記者の今福栄氏は 「念力の歩打ち」 と書いたが、受けるにはこれしかない。
私の☗5八歩をみて、
「フフ、やっぱりね」
森棋聖の顔がユルンだ。そして指された手は、☖5八同龍。
これが敗着であった。
正解は☖6六馬で、これが詰めろになっている。

小池重明 自戦記 (「将棋ジャーナル」 1991年3月号)
====================

「積ん読」 という言葉があります。「いつか読もう」 と買っておいたけれど、読まないまま本が積まれている状態のこと。官能作家、団 鬼六が著した「真剣師 小池重明」はそんな本でした。

真剣師 小池重明

最近、大阪南部出身の方と話す機会があり、通天閣の近くの将棋道場で平日の昼間から将棋に打ち込むオッサンたちの話でもりあがりました。それがきっかけとなって、「積ん読」 から、「真剣師 小池重明」 を手にとってみたのです。

読んでみたらメチャ面白くて、一気に読んでしまいました。

私が将棋に熱中していた子供の頃、アマチュア将棋名人戦で小池重明さんの名を見た記憶が残っています。私は頭の中にはNHKのTV放映のイメージが残っており、今あらためて、それがいつのことだったかを調べてみると、小池さんがアマチュア将棋名人戦の二連覇を達成した1981年の第35回大会であろう思われます。
小池重明 アマチュア名人

凄まじく、また、泥くさい将棋でしたが、アマチュアにはわかりやすい、手に汗にぎる勝負でした。

その後、小池さんの名を目にする機会は減り、そして突然、1992年、新聞で小池さんが44歳という若さで逝去された記事を目にし、「あの小池さんが亡くなられたのか」 と思ったことを覚えています。

今回、「真剣師 小池重明」 を読んでみて、伝説のアマチュア棋士、小池重明さんは、「飲む、打つ、買う」 に溺れ、人間としてはデタラメな破綻者だったことを知りました。しかし、将棋だけは天から授かった才能を持っており、その波乱に満ちた一生は、「小説よりも奇なり」 を地でゆくものであったようです。

複雑な家庭環境に育ち、中学生の頃、たいして将棋が強いわけでもない、義理の父親から教わった将棋が、小池さんのスタートでした。プロであれ、アマであれ、将棋の世界でトップに到達する人と比べ、このスタートは異例の遅さです。

やがて小池さんは将棋にのめり込み、高校を中退、アマチュアでありながら、賭け将棋で生計をたてる (というより食つなぐ)、真剣師の道を歩むようになり、アマチュアで頂点を極めます。特例でプロになるチャンスもありましたが、酒と (将棋以外の) 博打に溺れ、それも逃してしまいました。最後はサラ金に追われ、愛人にも逃げられ、文字通り野垂れ死に。

小池さんは将棋の勉強を全然しない人でした。部屋に将棋盤も無かったそうです。もっぱら実践で力を付けるのみ。将棋の序盤は勉強で差がつきます。このため、小池さんは序盤が弱く劣勢に立つのですが、終盤に逆転で勝つというスタイルを持っていました。このハラハラドキドキの逆転劇が、小池将棋の魅力なんですよね。

小池さんはアマチュアでありながら、プロを次々と打ち破り、「プロ殺し」 と称されました。

そのハイライトは、1982年に行われた、森棋聖を平手戦 (ハンディ無し) で打ち負かした試合です。

この年、小池さんはアマ名人を連覇した翌年であり、まさに最盛期。

とはいえ、森雞二九段も、当時、名人位、十段位に次ぐ格だった棋聖位をとっており、名実ともにプロのトップクラスでした。 (下の写真は若かりし日の森九段)
森雞二

いくら小池さんがアマ最強とはいえ、普通に考えればプロのトップクラスに勝つことはありえない話です。このため、小池さんの勝利は、プロ棋界にも大きな衝撃を与えました。

この試合、先手の小池さんによる無謀な攻めが失敗し、小池さんが5八歩と打った図の局面では、先手がほぼ負けの状況です。
小池重明 森雞二

冒頭に記しました小池さんの自戦記では次の言葉が残されています。

++++++++++++++++++++
☗5八歩。観戦記者の今福栄氏は 「念力の歩打ち」 と書いたが、受けるにはこれしかない。
++++++++++++++++++++

この言葉をみるかぎり、小池さんが5八歩と打ったときの心境は 「防御のためにやむをえず」 というようにしか解せません。

この5八歩に対して、後手の森棋聖は、5八龍という、信じられないような大チョンボを犯してしまいました。6六馬が正着で、プロの戦いならこれで先手は投了するでしょう。

この局面、森九段は、小池さんの死後、1997年2月7日に放映された 「驚きももの木20世紀」 で次のように述べています。

++++++++++++++++++++
「これが小池マジックというか、妖しいアレなんですよね。 (略) 私は(6六馬で)銀を取っても、(5八龍で)この歩をとっても、勝ちは勝ちと思っちゃたんですよね。この時はね。たしかに 『(小池は)こんなムダな手をやって(やりやがって)!』 っていう思いはありましたし、ここで私に(5八)同竜と取らせたことはね、私をカチンとさせたという、彼の、アレですよ、テクニックですよ。彼の魔力ですよ」
++++++++++++++++++++

森九段は、「5八歩は、小池の策略(ハメ手)だった」 と述べているわけです。小池さんの自戦記とは、大きなギャップを感じます。

いったい、どちらが本当だったのでしょうか?

私は森九段の言葉が正しく、小池さんはウソを記したと考えています。ホンネは、「森さん、たのむ、引っかかってくれ!」 と祈って5八歩と打ったことでしょう。

小池さんがこの自戦記を著した頃、彼はすでに肝臓を病んでいましたが、まだ自分が翌年死ぬとは夢にも思っていなかったはず。「先手5八歩」 はギャンブルとしての小池将棋の神髄を示す手ですから、今後の対局をにらんで、彼はそのタネを明かすことはできなかったのです。

森九段は、「驚きももの木20世紀」 の最後で次のように述べています。

++++++++++++++++++++
「今考えてみれば、まさに言い訳はできないです。ですから、彼に私のA級八段(の地位)を差しあげてもよかったんですけどね。いや、ただあの、もちろん言い訳はできないですけど、これから100回やれば、100回、私が勝つでしょうね」
++++++++++++++++++++

将棋をご存知ない一般の方が、この森九段の言葉を聞くと、ただの負け惜しみにしか聞こえないかもしれません。しかし、本当のところは、森九段が、「“(敵を欺く)ギャンブルの将棋” のマジックのタネはもうわかったので、今後、負けることはありえない」 ということを意味しています。

「☗5八歩」 というたったひとつの記号に、これだけのドラマ、関係者の思いが凝縮されています。小池重明さんは、プロ将棋とはまた別な、ギャンブル将棋というジャンルにおいて、その技を芸術の域まで高めた人と言えるでしょう。

阿川さんの対談を芸術作品として鑑賞する

阿川佐和子 聞く力
Pen : Pelikan - M800 (F)
Ink : Pelikan – Royal Blue

利き手が一言一句をもれなく聞くことは不可能です。耳と脳が相手の言葉を取捨選択し、しかもそれぞれの聞き手の取捨選択する部分が異なるから、人間の組み合わせによって違った会話の面白みに繋がるのです。でも、「これは聞き流してはいかんだろう」という大事なポイントは逃してはいけない。また、そういう大事なポイントは、得てして、ほんの小さな言葉の端に隠れているものです。さりげなくつけ加えた形容詞や、言葉の最後に挟み込んだ普通名詞や、ちょっとした小さな言葉。そういう謙虚な宝物を見過ごしてはいけません。

阿川佐和子 : 聞く力

====================

週刊文春に、阿川佐和子さんの 「この人に会いたい」 という連載コーナーがあり、著名人との対談が掲載されています。
この人に会いたい

このコーナー、阿川さんには申しわけありませんが、気になる方が登場したときだけ、たま~に目を通すだけのものでした。

ところが、ベストセラーとなった阿川さんの 「聞く力」 という本を読んで、「この人に会いたい」 を見る目が一変してしまったのです。
聞く力

「聞く力」 には、インタビューのお仕事なんて素人同然だった阿川さんが、試行錯誤を重ね、インタビュアーとして、自分なりのスタイルを築いていかれるまでの道のりが描かれています。

これまで私は、インタビュー記事というと、フツーに楽しくおしゃべりして、それが文字になっているものだと思っていたのです。しかし、それは浅はかでした。

よくよく考えてみればわかりますが、阿川さんの記事は商品です。商品としての価値を持つ以上、記事の中には阿川さんのプロとしての技術が凝縮しているのは自明のことです。

「技術が凝縮されている商品」 ということは、見方を変えると 「芸術作品」 ということになります。

「インタビュー記事が芸術作品?」 なんていうと、奇妙に聞こえますが、阿川さんのような名人の域に達すると、それは芸術作品だと私は思うのです。

インタビュー記事において、主役はあくまでもインタビューの受け手側です。インタビュアーはその主役を引き立てるための陰の存在にすぎません。だから、インタビュアーの技量が目立たない、自然なものであればあるほど、完成度が高いインタビュー (=すばらしい作品) になるといえます。

「インタビュアーに技術なんてあるの?」 と、読者に気づかせないことが、その技量の高さの証という、ある意味で矛盾した性格を持っているんですね。

「聞く力」 で、阿川さんは 「自分の記事は作品だ」 なんてことは述べておられませんが、ご本人はそれだけの意識をもって、お仕事に挑まれているはずです。でなければ、あれほど完成度の高い作品を生み出すことはできません。

冒頭の阿川さんの言葉、「大事なポイントは、得てして、ほんの小さな言葉の端に隠れているものです。さりげなくつけ加えた形容詞や、言葉の最後に挟み込んだ普通名詞や、ちょっとした小さな言葉。そういう謙虚な宝物を見過ごしてはいけません」 を念頭に置きながら、週刊文春、2016年5月5日、GW特大号に掲載された、「阿川佐和子のこの人に会いたい、第1113回、警視総監-高橋清孝」 の記事を振り返ってみたいと思います。

まず、出だしの部分です。

対談相手は警視総監ですから、当然、緊張しますよね。
高橋清孝

二人の距離感を縮めるため、対話がスタートしてひと段落ついたところで;

********************
阿川 「えーと総監(笑) 今日はよろしくお願いします」
********************

という言葉をかけます。

私の想像ですが、「えーと総監」 とお茶目に話しかけて笑いをとることを、阿川さんはインタビューの前から狙っていたはずです。警視総監を前にしてアドリブで出る言葉ではありません。周到な作戦をもって挑まれたことがわかります。

続いて、高橋さんの経歴、警察のお仕事、サミットの警備対策など、一般的な話題に入ります。そこで次の流れに進みます。

********************
高橋 「昨年の都内の犯罪件数は戦後最少なんです」

阿川 「戦後最少!?」
********************

「聞く力」 にも出てきますが、相手の話をオウム返しするワザは、インタビューにおいて効果的とのこと。実際、多くの読者にとっても「犯罪件数が戦後最少」 の部分は、もう少し詳しく聞きたいところでしょうから、ここでのオウム返しは絶妙でした。

この後、話題は最近急増しているサイバー犯罪に移ります。
サイバー犯罪

しかし、お仕事の話だけでは高橋さんのお人柄が見えてきません。阿川さんは、それを引き出すタイミングを狙っていたはずです。

次のやりとりがそのタイミングでした。

********************
高橋 「警察の世界では、過去の施策が数年経ってから芽が出ることの繰り返し。現在の警視庁だってかつての先輩が播いた種が実っていることが多いですよ」

阿川 「順繰りにバトンを受け取って、次に渡す際の地ならしというか。。。」

高橋 「そうです。今やらなければならないことをしながらですけどね。その上で自分の色を出すというか、個性や想いを職員には伝えたい

阿川 「じゃあ、高橋さんらしさというのは?」

高橋 「現場を大事にすることですかね。(略)むしろ私は一番下でみんなを支えているという意識です」
********************

阿川さんの 「順繰りにバトンを受け取って、次に渡す際の地ならしというか。。。」 と話されたところでは、「どうやって高橋さん個人の話題に持ち込もうか」 と頭を悩まされていたにちがいありません。

しかし、その直後、高橋さんから出た 「個性や想いを職員には伝えたい」 という、そのわずかな言葉を、すかさず捕らえて、阿川さんは 「来ター!」 と思ったことでしょう。「じゃあ、高橋さんらしさというのは?」 と返すところが、名人技。ここが本インタビューにおける大きな転換点になっています。

この後はどんどん高橋さんのプライベートの話へと打ち解けてゆきます。高橋さんの家で、一番偉いのは奥様、二番目が娘さん、三番目がルンちゃん (お掃除ロボットのルンバ)、四番目が警視総監、なんて笑える話も出てきます。
ルンバ

そうしたプライベートな話が続いても、最後は;

********************
高橋 「(入庁後) それから36年、職歴の半分を『何も起こらなくて当たり前』という警備の仕事をしてきました。国民の皆さんを守ることについてはすごくやりがいと達成感がある。これからもその職務をまっとうしていきたいと思っています」
********************

と、しっかり締める形でインタビューは終わっています。

全体を通して、とても自然な流れ、バランスで、この対談が構成されていることがわかります。ふつうに読んでいれば、阿川さんが楽しくおしゃべりしただけにしか見えません。阿川さんのすばらしい作品でした。

インタビューにおける阿川さんのコメントひとつひとつに、阿川さんのどんな作戦、思考、技術が隠れているのかを、鑑賞しながらじっくり読んでみる。そんな名人芸の楽しみ方を発見した思いです。

世の中、よーく注意して観ると、面白いことがいっぱいありますね。
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
21位
アクセスランキングを見る>>