スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家政婦のミタをミタ

家政婦のミタ

家政婦のミタをミタ
Pen : Pilot - Custom 92 (M)
Ink : Pilot - Murasakishikibu

自己管理の苦手ななまけものにとって、「常習性」という言葉は非常に大事なキーワードになります。たとえば、私はテレビゲームをやりません。興味がないのではありません。やり始めると時間を忘れて没頭してしまう、堕落型の自分がわかっているからこそ、手を出さないのです。最近人気のドラマも見ないようにしていますし、何十巻もある漫画も、内容に関係なく、「長い」という時点で避けるようにしています。

本田直之 : なまけもののあなたがうまくいく57の法則

====================

自分はつくづくナマケモノだと思います。子供の頃から今に至るまで、その性向は変わりません。

小学生の頃のソロバンの授業でも、「こんなものは将来、計算機でやることだから不要」 と考えて一切やらず、テストの時は前の席のソロバンが得意な友人を拝み倒してカンニングさせてもらうという、今考えるとトンデモナイ子供でした。

親からは 「漢字を書けないと苦労するよ」、そして 「字が汚いから直しなさい」 と繰り返し注意されてきましたが、「将来はコンピューターで文字を書くようになるから不要だ」 と屁理屈言って譲りませんでした。当然ながら大学受験のときは、漢字の部分は毎回0点で、ハンディを負うことになりました。ただし、字に関しては、「やっぱり下手な字はカッコ悪い」 と考えるようになり、ようやく最近になって努力するようになりましたが。

そんな私にとって、本田直之さんの 「なまけもののあなたがうまくいく57の法則」 という本は、共感する部分が数多くありました。
なまけもののあなたがうまくいく57の法則

なかでも、本を読んであらためて気付いたのは、自分は連続ドラマというものをほとんど観てこなかった、ということです。子供の頃から無意識のうちに、「自分はナマケモノなのだから、連続ドラマを封印せねば、どこまでも堕ちてゆくばかりだ」 と感じていたのでしょう。

「ガンダム」 からはじまり、
ガンダム 元祖

「3年B組金八先生」、「スクールウォーズ」、「東京ラブストーリー」、「ラブジェネレーション」、、、NHKの大河ドラマや連続テレビ小説も、もちろん観たことはありません。

友人との会話についていけず、寂しい思いをしましたが、それも 「ナマケモノの代償だから」 と諦めました。

そんな私でしたが、先日、「家政婦のミタ」 を全話、観てしまったのです。

きっかけはヨーロッパ出張でした。機内で映画を観ようとしたところ、興味をひく映画がありませんでした。

そこで目に止まったのが 「家政婦のミタ」 でした。どんな内容かは知らずとも、大ヒットしたドラマであることは知っていました。

第一話だけを暇つぶしに観るつもりだったのです。しかし、「ミタさんって何者? 彼女の隠された過去は何?」 と引きずり込まれ、止められなくなってしまいました。時差もあるから疲れをとるために眠らねばならないのに、それも忘れてドラマに熱中するばかり。

往路のフライトでは全話を見切れず、復路のフライトでようやく最終話まで到達することができました。全然寝れなかったため、出張後は体調を回復するのに時間を要してしまいました。

正直に言いますと、最後の数話は、もう少しうまいまとめ方があったのではないかと思います。それでも、高視聴率をとった理由がよくわかる、面白いドラマでした。「ドラマの脚本家は、こうやって視聴者を毎週引きつけるのか」 ということがわかった気がします。

連続ドラマが面白いものだということはわかりましたが、それでもおそらく今後、連続ドラマを観ることはないだろうなあ、と思います。

ドラマの場合、一度引き込まれてしまうと、自分の性格では途中で止められません。今回の 「家政婦のミタ」 でそれがよくわかりました。

家政婦のミタは全11話。コマーシャルを除いて1話あたり45分としても、計500分を費やしたことになります。

計500分のドラマを1年で10本観たら、5千分。10年で5万分。そう考えると代償は大きいです。

自分は 「ドラマを観て時間を消費する代わりに、残りの時間は有効に使おう」 なんて、立派な切り替えができる人間ではありません。根っからのナマケモノであるがゆえに、残念ながら 「ドラマは足を踏み入れてはならない禁断の世界」 と自らを律する他、ないのです。

将来、老人ホームに入ることになって、まわりが 「ラブジェネレーションの頃のキムタク、カッコ良かった!」
キムタク ラブジェネ

なんて盛り上がっても、自分は浮いているのでしょうねえ。「家政婦のミタ、くらいは見たよ」 とでも言ってがんばりますか。
スポンサーサイト

実力とは曖昧なものであるけれど

義理と人情   みのもんた
Pen : Schaeffer - Prelude (M)
Ink : Sailor - Miruai

僕は実力主義を否定しません。ただ、「実力」 という1つの軸で評価するのはいかがなものかと思うのです。というのも、人間の持つ 「実力」 にはいろいろな実力があると思うのです。宴会の実力、営業マンとしての実力、経理としての実力。それだけではありません。「実力」 の種類は地方によっても違います。福岡で評価される 「実力」 と鹿児島で評価されるそれは種類が違う。つまり、実力には色々な方向性があるし、評価軸も曖昧なので、一口には語れません。それを単一的に評価するなんて、土台無理な話なのです。そして、社員それぞれの 「実力」 を見極めて適材適所に配置するのは、経営者である管理者の義務であり責任です。

みのもんた : 義理と人情
====================

私事ですが、2016年は、年初からやたら忙しい日が続いています。海外出張が多いため、1~3月のマイレージの累計だけで64,000マイルにもなってしまいました。時差で頭が朦朧とする日が続きます。また4月末から5月初旬、そして6月中旬と長距離出張が待っており、気が重いです。

さて、新年度をむかえて、人事異動花盛りですね。自分の会社の人事異動をみていると、「この人事は順当だな」 と思うケースがある反面、「えっ、この人が昇格?」、「あれ、あの人が降格人事?」 と意外なケースも多々あり。まあ、これはどの会社においても同じでしょう。

組織においては、人が人を評価せねばならないわけですが、学校の試験の成績ではありませんから、評価に明確な基準はありません。“みのもんた” さんがおっしゃるとおり、「実力には色々な方向性があるし、評価軸も曖昧なので、一口には語れません。それを単一的に評価するなんて、土台無理な話なのです」 というのが動かしようのない事実です。

たしかに、自分の受ける評価に対して納得できないとき、誰もが頭に来ますよね。「なんだ、あのバカ上司」 って。私もそうでした。

しかし、私も歳を重ね、人として成長できるかどうかは、そういう時に自分の心を整理できるかどうかにかかっているのかもしれない、と最近、思うようになりました。

「芸術を創る脳」という本で、日本画家の千住 博さんが次のように述べておられます。
千住 博さん

++++++++++++++++++
実は、芸術はとても単純なことをやっているのです。「私はこう思う。皆さん、どうですか」と問いかけているのです。(略)例えば、シェフが料理を作る。「私は、これが美味しいと思います。いかがでしょうか」 と問いかけるのが料理です。それに対して、「本当に美味しい」 とか、「ちょっと塩辛いな」 とか、多様性に満ちた感想が返ってくる。褒められば芸術で、貶(けな)されれば芸術ではない、というものではありません。感想の多様性を、芸術家のわれわれも理解しなければなりません。「私の作品が分からないとは何ごとだ」ではなくて、「分からない」 という感想も大切なメッセージとして受け取らなければ。
++++++++++++++++++++

これをビジネスの世界に置き換えるならば、「“私の評価が低いとは何ごとか” ではなくて、上司からの低い評価も大切なメッセージとして受け取らなければ」 ということだと思うのです。

芸術家が曖昧な観念である 「美」 を追求せねばならないのと同様、ビジネスマンは曖昧な観念である 「実力」 を追求せねばなりません。

それにもかかわらず、上司からの評価が低いとき、「ビジネスマンの実力なんて、曖昧なものだから突き詰めようもない。評価とはしょせんは上司との相性にすぎない」 という思考に我々が陥りがちなのはなぜでしょうか。それは会社からの評価を、「仕事の目的」 にしているからではないか、と気付くようになりました。

評価を目的にしてしまうのは、ゴルフでスコアを目的にするのと似ていますね。「14番ホールの池ポチャがなければ90を切っていたのに」、「最後の18番のパットが入っていれば80を切れたのに」 と、どこまでやっても、ゴルフでは満足を得られないの同様、ビジネスマンの出世ゲームも、社長まで階段を登りつめなければ満足を得られないということになってしまいます。

たとえ会社からの評価が低かったとしても、落ち込むことなく、それはひとつのメッセージとして大切に受け止め、実力をつけることを仕事の目的にする。それがプロとしてのあるべき姿だと思います。

私もただの人間である以上、理屈はわかっていても、そんな境地に達するのは極めて難しいです。それでも、一歩でも近づいていけたらと思っています。
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
43位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。