自宅で極上コーヒーを楽しむ探検家

家でいれたコーヒー

古谷三敏 コーヒー

Pen : Platinum - Preppy
Ink : Platinum – Green

コーヒーのいれ方について書くというのは、じつは少々気が重い。
なぜならば、わが日本民族ほど、コーヒーについて一家言のある人が多く、そのくせ、自宅でコーヒーを入れるという習慣が長つづきしない民族も珍しいのじゃないか、と思うからである。

古谷三敏 : 男のウンチク学
====================

2015年もいよいよ終盤戦です。今年の年末は例年以上に忙しいです。おかげでブログ作成もすっかりご無沙汰してしまいました。

今回はコーヒーについて最近発見したことをお伝えしたいと思います。

漫画家、古谷三敏さんといえば、マンガでは 「ダメおやじ」 くらいしか知りませんでしたが、
ダメおやじ

調べてみたところ、79歳になられた今でも毎日新聞に 「ぐうたらママ」 という作品を連載しているそうで、そのパワーには恐れ入るばかりです。

その古谷さんは、1984年に 「男のウンチク学」 という本を出されています。
男のウンチク学

食を中心とした内容で、古谷さんの美学が感じられ、私は大のお気に入りです。大学生の頃から繰り返し読んできました。

その古谷さんはコーヒーについて、上段の言葉を残されています。

古谷さんがこの本を出された1984年当時と現在とで、日本におけるコーヒー事情は大きく変わりました。

昔は一部の例外を除き、喫茶店で出されるコーヒーは薄味で苦いだけの、とても美味しいとは言えないものが主流でした。

それが変化したのは、スターバックスやタリーズの店舗が増えてきた2000年頃からでしょうか。彼らが成功したのは、「パンチが効いて香りが高いコーヒー」 が日本ではまだ未成熟だったからだと思います。同時にこれは、昔からある、「苦くて香りのない、茶色いお茶」 のようなコーヒー店を淘汰することにつながりました。

こうして美味しいコーヒーは日本でも広まり、今やコンビニでもそこそこレベルの高いコーヒーを楽しめる時代になっています。

高品質のコーヒーが気軽に飲める環境に変わったこと喜んでいる一方で、、私は良いコーヒーは家の外飲むものであり、自宅で作って飲むものだとは考えもしませんでした。サイフォンやネルドリップでコーヒーをいれれば美味しいことは知識として知っていましたが、コーヒーマニアでもない私は、面倒くさくて手を出す気になれなかったのです。

そこで、家でも会社でも、こんなかんじの 
コーヒーメーカー

コーヒーメーカーで作られた、全然美味しくないコーヒーを “眠気覚まし” として、何の疑問もなく長年のみ続けてきました。

そんな私に、今年の12月、変化が生じました。

たまたま入った気軽な雰囲気のレストランが気に入り、何度か通ううちに、食後に出されるコーヒーが妙に美味しいことに気付いたのです。ふと思い立って、お店の方に 「どうやってコーヒーをいれておられるのですか?」 と聞いてみました。

すると、「うちではイタリアのビアレッティ社(Bialetti)の直火式エスプレッソ機を使っています。作るのはもちろんのこと、メンテナンスも楽ですよ」 と言って見せてくれました。

早速、家に帰ってアマゾンで調べてみたら、わずか数千円で買えるじゃないですか。即ポチっ!
Bialetti 2

Bialetti 1

このエスプレッソ機でコーヒーを作ってみると、、、確かに美味い! ネスプレッソのような電動式エスプレッソの尖った味とは全く違う、まろやかな味と香りです。

「えっ、こんなお店でしか飲めないようなコーヒーが、いとも安く、簡単に作れるものなのか」 と驚いてしまいました。

自宅で食後に極上コーヒーを入れて飲むことが、こんなにも人生に豊かな時をもたらしてくれるなんて。。。

それにしても、なぜ直火式エスプレッソ機のことを、これまで見過ごしてきたのでしょう。

先に述べたように、美味しいコーヒーをいれる方法があることは、知識としては知っていたのです。しかし、「自宅で作る美味しいコーヒー = 面倒くさい」 という固定観念に縛られていたのですね。ですから、お店で良いコーヒーが供されても、「ああ美味しいなあ」 と感じるだけで終わっていました。

おそらく、これまでも直火式エスプレッソ機で作られたコーヒーは数多く飲んできたはずです。それは目で見て味わって、文字通り五感で楽しんできたものです。

しかし先日、「どうやって作るんだろう?」 という、気まぐれな好奇心の一歩があって初めて、「これまで見えていたつもりだったモノの裏に、見えないモノがあった」 ということを知りました。

今回の経験を通じて、世の中には、まだまだ沢山、「ほんのちょっとの気付きがあれば見えるモノやコト、人生が豊かになるモノやコト」 があるということを改めて思い知らされました。もしかしたら、今回の出来事は私にとって、2015年で一番貴重な経験だったかもしれません。

探険家とは、まだ見ぬ世界を求めて挑む人々です。そうした人たちは、私たちからは縁遠い存在に思えますが、自分が日々の生活において新たなモノやコトを貪欲に見つけようとし続けるならば、それは探検家なのだと思います。

いつの日か、自信を持って、プロフィールの職業欄に 「探検家」 と書けるようになりたいですね。

アイドル好きな総理大臣がいてもいいじゃないか

ファラ フォーセット
*全世界で1,200万枚を売上げた、ファラ・フォーセット伝説のポスター

石破 茂  アイドル論

Pen : LAMY Safari (M)
Ink : Sailor Miruai

今でもたまに同世代の議員仲間とカラオケに繰り出すと、与野党関係なく、六十歳近いオジサンたちが思い出のアイドルの歌を熱唱する。私たちのアイドルは、今でも心の中で、まぶしい光を放っている。今の若い人たちが、二十年後、三十年後、同じような思いになるのだろうか。大きなお世話だろうが、彼らが少しかわいそうな気もするのである。

石破 茂 : キャンディーズでアイドルは終わった 
(文芸春秋 15年8月号)
====================

私、本当に恥ずかしながら、政治の話は昔から苦手です。

新入社員の頃、酒席でオジサンたちが政治の話で盛り上がっているのを見て、「俺も歳をとれば、政治に興味を持つのかな」 と思っていましたが、50歳を目前にして、全然そうなる気配すらありません。たぶん死ぬまで興味は持てないでしょう。

そんな政治音痴の私でもニュースによく登場する石破さん (現地方創生担当 内閣府特命担当大臣) のことは知っていました。優等生ぶった発言が多くて、正直なところ、あまり良い印象はありませんでした。

そんな折、文芸春秋をパラパラとながめていたら、「キャンディーズでアイドルは終わった」 という記事が目に止まったのです。横に 「石破 茂」 とあります。「えっ、あの真面目一徹そうな石破さんが、アイドルの話を書くの?」 と驚きました。

この記事で、石破さんは、独自のアイドル論を展開します。

― “アイドル” とは、その存在そのものが男の子たちから愛されるものである
― 日本における最初のアイドルは南 沙織である
― キャンディーズが解散した78年が、アイドル文化の頂点であった
― ところが、ピンクレディー以降は、現在のAKB48に至るまで、全ては ”商品としてのアイドル” になってしまい、”真のアイドル” は消滅してしまった

冒頭の文章は、石破さんの記事の結びの箇所です。

「今の若い人たちが、二十年後、三十年後、同じような思いになるのだろうか。大きなお世話だろうが、彼らが少しかわいそうな気もするのである」 というのは、裏返すと、“商品としてのアイドル”ではない、“真のアイドル”を愛すことができた自分の少年期は幸せであった、ということを意味しています。 

私にとってのアイドルって誰だったであろうと振り返ってみると、テレビドラマの 「チャーリーズ・エンジェル」 でブレークしたファラ・フォーセット (冒頭の写真は)、もしくは同じくテレビドラマ 「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」 で主演したリンゼイ・ワグナーでした。
リンゼイ ワグナー

当時は、この世にこれほど美しい女性が存在するということが信じられませんでした。

ファラやリンゼイの人気が沸騰したのは、1977~78年です。私が小学校6年生~中学1年生の頃でした。キャンディーズ解散が1978年4月4日ですから、まさに同時期だったんですね。

今回、久々に、ファラやリンゼイの写真を見てみましたが、やっぱり輝いているものを感じます。

1980年代に入り、私も高校生になりました。その頃、友人たちは 「聖子ちゃーん!」 とか 「今日子ちゃーん!」 とか 「明菜―っ!」 とか叫んでおりましたが、依然として私は日本のアイドルに興味が持てませんでした。その頃は、同じ外国人女性でも、好みがアメリカ系からヨーロッパ系に移りまして、ジャクリーン・ビセットが私のアイドルでした。
ジャクリーン ビセット

高校の数学の授業で 「コサイン、タンジェント」 やら 「シグマ、インテグラル」 やら理解不能な世界に突入し、完全に落ちこぼれとなった私を慰めてくれたのは、下敷きにはさんでいたジャクリーン・ビセットの写真でした。椅子で眠ることができない私は、授業中、ひたすらジャクリーンの写真を眺めていたことを覚えています。

私は子供の頃から、「海外と係わる仕事をしてみたい」 と強く思っていて、実際にそういう仕事に携わるようになりましたが、思い起こして見ると、その動機は金髪アイドルへの憧れからだったんですね。まさに、彼女たちが私の人生を変えたと言えます。

そう思うと、石破大臣が記したように、「 “真のアイドル” を愛すことができた自分の少年期は今思えば幸せであった」 と思うのです。ファラもリンゼイもジャクリーンも、遠い世界の人でしたが、私にとって彼女たちは 「商品のアイドル」 ではなく、「真のアイドル」 でした。

さて、アイドル論の内容はさておき、将来の首相候補と目される石破大臣が、正々堂々とアイドル論を展開するその姿勢に、私は共感を覚えました。

真面目に国政について語る姿はお仕事ですから当然のこと。しかし、それだけでは人はついていけません。

人望を集めるには、何か愛すべき側面が必要です。「愛すべき側面」 って具体的に言うとどういうことを意味するのかと考えてみると、それは 「この人、アホやな~」 と笑える一面を持つということではないでしょうか。どんなに仕事で優秀であっても、スキが無い人は人間としての魅力に欠けますよね。

クソ真面目にテレビでコメントする石破さん。「カラオケでアイドルの歌を熱唱する」 という石破さん。どちらも同じ石破さんですが、このギャップを知って、私は石破さんに深い親しみを覚えました。いつの日か総理大臣になってほしいと思います。

もし総理大臣になられたら、アメリカ大統領に堂々と「日本のアイドル論」をぶちまげてほしいです。きっとアメリカ大統領も、「こいつは本物だ」 と石破さんの人間力を認めてくれるでしょう。


追記 : 今の私にとって、アイドルは 「妻 (*日本人です)」 ということにしておきます。妻がこのページを目にすることがあるかもしれないので。。。
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
11位
アクセスランキングを見る>>