スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサンミッシェルに住んでみたい

モンサンミッシェル ブログ 21

新婚旅行の行き先を決めるにあたって、妻の希望はモンサンミッシェルでした。

しかし、当時、私はフランス文化に興味が無かったこともあり、結局、私の意見を通して南国リゾートへ。そのとき以来、なんとなく妻に借りがあるように感じていました。

今回のフランス旅行でモンサンミッシェル行きを決めたのは、妻への借りを返すという、そんな背景がありました。

家族それぞれ思い出に残る写真を撮ろう、ということで;

EOS 60D
私はEOS 60D (+ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS)、

PowerShot SX60
妻はPowerShot SX60 HS、

PowerShot SX710
9歳の娘はPowerShot SX710 HS、

をそれぞれ携えて出発。

モンサンミッシェル 地図
モンサンミッシェルの位置は地図で見ると、こんなかんじです。

パリから約350km、途中の小休止を入れて、進むことおよそ4時間。

モンサンミッシェル ブログ 02
牧草地の先にモンサンミッシェルが見えてきました。

モンサンミッシェルは干潟に囲まれた島となっており、本土から島へは橋がかけられています。通常、観光客は徒歩か無料のシャトルバスを利用してこの橋を渡りますが、自転車を利用する方もいます。

モンサンミッシェル ブログ 03
老齢のカップルが自転車で島へ向かう姿。のどかで微笑ましいですね。

モンサンミッシェル ブログ 22
お馴染み、モンサンミッシェルの全貌。世界遺産としての堂々たる輝きを感じます。

島内は、中央にそびえ立つ修道院をはじめ、麓にはお土産屋がひしめいており、ゆっくり見ていたらこれだけで一日観光コースです。しかし、スケジュールがタイトな我が家は超特急で突っ走りました。

モンサンミッシェル ブログ 05
修道院のガラス窓から、干潟に浮かぶ島を切り取った一枚。数百年前に生きた修道士も、私と同じ風景を眺めていたのでしょうねえ。

ガイドさんも無く、無手勝流で進んだので、大切な観光ポイントを見落としたかもしれません。けど、まあそれも良いかと。自分たちのペースで気楽に進み、家族の各々が心に残る風景をカメラに収める。それが我が家の流儀に合っていると思いました。「凜とした人生」 につながっているかどうかは 「?」 ですが。

モンサンミッシェル ブログ 07

モンサンミッシェル ブログ 06
上の二枚は、妻が修道院内で撮ったものです。なにせ被写体が世界遺産ですから、カメラ初心者でも数を打てば何枚かはいい写真が撮れるというものです (妻は自分のセンスの賜物だと言っています)。

モンサンミッシェル ブログ 08
モンサンミッシェルは、カトリックにおけるベネディクト会に属します。同会の特色は 「清貧」、「従順」 とのこと。修道院内は荘厳な空気が流れているように感じました。

ここでモンサンミッシェル発祥のエピソードを伝える、修道院内の壁画 (下の写真) をご覧ください。
モンサンミッシェル ブログ 09

以下はウィキペディアからの抜粋です。
++++++++++++++++++
この島はもともとモン・トンブ (墓の山) と呼ばれ先住民のケルト人が信仰する聖地であった。
708年、アヴランシュ司教オベールが夢のなかで大天使ミカエルから 「この岩山に聖堂を建てよ」 とのお告げを受けたが、悪魔の悪戯だと思い信じなかった。再び同じ夢を見たが、また信じなかった。ついに3度目には大天使はしびれを切らし、今度はオベールの額に指を触れて強く命じたところ、オベールは稲妻が脳天を走る夢を見た。翌朝、オベールは自分の頭に手を置くと脳天に穴が開いていることに気づいて愕然とし、ここに至って大天使ミカエルのお告げが本物であると確信してここに礼拝堂を作ったのが始まりである。
++++++++++++++++++

大天使ミカエルがオベール司教の頭蓋骨に穴を開けた、という奇跡がモンサンミッシェルの歴史の始まりだったのですね。

オベール司教は死後、聖人として崇められ、モンサンミッシェルの近くにある、アヴランシュという町のサン・ヴェルジェ教会に、この伝説の頭蓋骨が残されているそうです。

モンサンミッシェル ブログ 10
それが上の写真です。

モンサンミッシェル ブログ 11
頭蓋骨を拡大した写真をご覧ください。右側後頭部に穴が開いています。

モンサンミッシェル ブログ 12
ところが壁画は左側前頭部ですね。史実と壁画に違いはありますが、まあそれもご愛敬でしょう。

さて、恥ずかしながら、私はこれまで、「モンサンミッシェル」 って一語の地名だと思っていました。

ところがフランス語名は、「Le Mont-Saint-Michel」 ですから、正確には 「モン・サン・ミッシェル」 と三単語に分かれます。Montは山、Saintは聖、Michelはミカエルを意味しますので、日本語訳は 「大天使ミカエルの山」 となります。

この世界遺産が生まれた伝説を知り、ようやく、名前と意味が自分の中でつながった次第です。

モンサンミッシェルの写真を続けましょう。

モンサンミッシェル ブログ 21
冒頭の写真をもう一度。これはモンサンミッシェルの城壁の上から、まわりの干潟を撮ったものです。ブルーカラーが織り成すこの風景、信じられない美しさです。

ところで、この写真、よーく見ると、中央に人の集団が見えるのです。

モンサンミッシェル ブログ 13

モンサンミッシェル ブログ 14
上の写真ですと、人の流れがわかりますね。私は知らなかったのですが、干潟を歩くツアーがあったのです。このツアー、参加したかったなあ。

モンサンミッシェル ブログ 15
こちらは、島内のメイン・ストリートで撮ったもの。品のよいご婦人の歩く姿が印象的でした。

モンサンミッシェル ブログ 16
本土と島を結ぶ橋の上で撮ったもの。逆光に残るシルエットが心に響きました。

モンサンミッシェル ブログ 17
橋を渡り、本土側からモンサンミッシェルを撮りました。

モンサンミッシェル ブログ 18
モンサンミッシェルを眺めることができるレストランで、簡単な夕食をとりました。シードルをワイングラスに注ぎ、テラスで撮った一枚。ピントや露出がなかなか合わず、苦労しました。

モンサンミッシェル ブログ 19
帰路、車中から振り返って撮ったもの。最後まで魅せてくれました。日帰りだったので、夜景を撮れなかったのが無念です。

最後に、月並みな言葉ですが、モンサンミッシェルは美しいと思いました。春夏秋冬、満潮時と干潮時、霧や雨や雪の日、夕暮と夜景と早朝、それぞれで、全然違う姿を見せてくれることでしょう。一年中、撮影を続けても飽きることのない被写体です。人生で時間と金が許すなら、ここに住んで撮り続けたいと思わせるくらいの存在感がありました。

********************

= ブログ後記 =

モンサンミッシェルでは、家族全員がハイテンションだったせいか、膨大な写真が残りました。旅行後の写真の整理で、精魂尽き果てました。

ここで一句。

「 旅のあと 想い出整理 ひと苦労 」
スポンサーサイト

エッフェル塔、その実力や恐るべし

エッフェル塔 13

家族とのパリ旅行において、頭を悩ませたのはエッフェル塔を登るか否か、という問題でした。

ガイドブックを読むと、「エッフェル塔は人気スポットなので、エレベーターの行列は必至」 とあります。

心の中では、「どうせ東京タワーみたいなものだし、行ったとしても、たいして感動はしないだろうな。行列に並んでまで行くこともないか」 と思っていました。

しかし、エッフェル塔はパリ最大のシンボル。娘が子供の頃から何度もいっしょに読んできた 「カロリーヌパリへいく」 という本の表紙にも、エッフェル塔が描かれています(冒頭の写真です)。

娘にとって、家族でパリへ行って、エッフェル塔に登った、という思い出は生涯刻まれるものになるでしょう。そんなことを考え、「やはりエッフェル塔は行こう」 と決断しました。

エッフェル塔に近づいてみてまず驚いたのは、展望台がオープン・エアーになっていることでした。
エッフェル塔 15

上の画像ではわかりにくいかもしれませんので、アップしてみました。
エッフェル塔 3

東京タワーに登ったのは、はるか昔なので記憶があやふやですが、たしか屋根とガラス窓で覆われていたはずです。「こいつは東京タワーとはだいぶ勝手が違うぞ」 と思いました。

さて、塔の下のチケット売り場へ行ってみますと、予想どおり行列。しかし、向かい側のチケット売り場のようなところはガラガラです。係の方に「あちらもチケット売り場なんですか?」と聞くと、「あちらは階段で登る方のチケット売り場です」 とのこと。

観光のメインとなる第二展望台は高さ115メートル。30階建のタワーマンションと同じような高さです。行列で待つこともないし、運動にもなるから、階段で行ってみることにしました (入場料: 大人 € 7、子供 € 3)。

階段で登ってみてわかりましたが、階段はオススメです。複雑に組み合わさった鉄骨の姿がまるで近代アートのようであり、刻々とドラマチックに変わってゆくその風景が面白いのです。

下の二枚の写真は、いずれも上から地表を見下ろしたところ。
エッフェル塔 5

エッフェル塔 16

観光客を乗せるエレベーターの骨組みを下から見上げるとこんなかんじです。
エッフェル塔 6

こうして実際にエッフェル塔に登ってみて、東京タワーに登る経験とは全然違うものだと思いました。やっぱり、エッフェル塔はカッコいいです。

我々は高さ57m の第一展望台でひとやすみした後、目的地の第二展望台へ進みました。第二展望台は遮るガラス窓もなく、直接パリ市内を見渡せます。

セーヌ川をはさんでエッフェル塔の対岸にあるトロカデロ庭園。
エッフェル塔 8

こちらは凱旋門。
エッフェル塔 7

こちらは展望台の近くにあった、エレベーターの巻き上げ機構部。
エッフェル塔 9

この部分も1889年の創業以来、変わらないのでしょうか。。。 愛しさを感じてしまいます。

観光を終えて、もう一度、下から塔を見上げてみました。
エッフェル塔 10

すると、第一展望台の下に、カタツムリのような装飾が施されているのを発見。
エッフェル塔 11

こんな高いところを飾ったところで気づく人はいないでしょうけれど、それでも遊び心を忘れないのがフランスのスピリットでしょうか。

もう一度、下から骨組みを眺めてみます。
エッフェル塔 12

たいした重機もない100年以上前に、職人さんが一本一本運びあげて作ったんですよね。その頃、日本はまだ明治時代です。感無量!

「エッフェル塔、その実力や恐るべし。バカにしていてゴメン」 という思いを胸に、エッフェル塔を後にしました。
エッフェル塔 14

神の湯が映画”サクラサク”に登場しました

先日のエミレーツのフライトで、「サクラサク」 という映画を観ました。これは、認知症になりはじめたお爺さん(藤 竜也)の故郷に向かって家族が旅をする、というお話です。
毒沢鉱泉 神の湯2

映画のストーリーはともかく、私が一番印象に残ったのは、主演の緒方直人とその息子役である矢野聖人が、「毒沢鉱泉 神の湯」 という温泉宿で浴湯するシーンでした。

こちらの宿は、長野県の下諏訪の街から少し山に入ったところに位置します。
神の湯4

神の湯は、私がこれまで行った全国の温泉の中でも、とりわけて好きな湯なので、映画で見れて嬉しかったです。

「温泉」と言いますと、一般に熱い湯をイメージしますが、実は 「冷たい湯=冷泉」 というものがあります。源泉の冷泉だけですと身体が冷えてしまいますので、冷泉の場合は必ず熱い沸かし湯が併設されています。

冷泉と沸かし湯を交互に入る入浴法、私はこのスタイルが一番好きです。冷泉で冷えた身体が沸かし湯に入って生き返る感覚、そして沸かし湯で火照った身体が冷泉に入って引き締まる感覚、これが楽しい。

神の湯は冷泉でして、この冷泉は温泉成分こそ多い方ではありませんが (このため温泉法上の分類では”温泉”ではなくて”鉱泉”となります)、「神の湯」の名のとおり、湯に霊験あらたかな気品が感じられ、「心身のリハビリに効く!」 ということを実感できます。

オレンジ色に染まったこの湯は、飲泉もできまして、レモン水のような独特の味があり、私は美味しく感じます。下の写真の左側奥の小さな浴槽が冷泉、右側が沸かし湯です。
毒沢鉱泉 神の湯3

宿は秘湯というかんじですので、豪華な設備というわけにはいきませんが、その分、お値段もお手ごろです。館内は清掃が行き届いており快適です。食事もお値段を考えると内容は大変充実しており、心のこもった料理を堪能できます。

さて、サクラサクの入浴シーンを見ていて、私はひとつだけ残念なことがありました。やむをえなかったのかもしれませんが、親子二人は、沸かし湯だけに入っており、冷泉槽に入るシーンは無かったんです。

神の湯に来たら、冷泉槽に入らないと行く意味が無いです。緒方直人が「お~冷たい!」 とか叫びながら冷泉に入るところを見たかったなあ、と思います。

毒沢鉱泉 神の湯は、日帰り入浴も受け付けています。この湯を楽しむには宿泊するのが一番ですが、時間が無ければ、諏訪に訪問された折、この冷泉にトライしてみるのも一興かもしれません。

エミレーツ航空のアメニティポーチはブルガリ

先日の出張では、初めてエミレーツに乗ってみました。乗り換えだけでしたがドバイで降りましたので、生まれて初めてアラブの地に足を踏み入れることができました。

さて、ビジネスクラスでもらえるアメニティポーチを見てみたらブルガリなんですよね。 「こいつはラッキー! 嫁さんのお土産に使えるぞ」 と思って、女性用もゲットしてきました。

エミレーツ アメニティポーチ 1

上が男性用、下が女性用です。女性用は写真の白色バージョンと別に、茶色バージョンがあります。

まず、女性用から見てみましょう。

この金具のところに 「BVULGARI」 のマークがあります。
エミレーツ アメニティポーチ 2

ポーチの中をのぞくとこんなかんじです。
エミレーツ アメニティポーチ 10

下の写真はポーチを広げたところです。チャック付きポケットがあって使いやすそうです。ちなみに、このポーチはマグネットで綴じるようになっています。
エミレーツ アメニティ 9

中身を出してみました。
エミレーツ アメニティポーチ 11

01)エマルジョン
02)クリーム
03)香水
04)おしぼり
05)ティシュ
06)櫛
07)手鏡
08)歯ブラシ
09)歯磨き粉

このうち、01) ~ 04) がブルガリ製です。これをアップで撮ってみました。
エミレーツ アメニティポーチ 12

上の一番右のものが、なんと 「ブルガリの使い捨ておしぼり」 なんですけど、嫁さんも「ブルガリか」と思うと、なかなか封を開けられないでしょうね。

今度は男性用を見てみます。

ここに小さいけれど 「BVULGARI」 のマークが。よほど注意しないと見えませんね。
エミレーツ アメニティポーチ 3

チャックを開けると、中身はこんなふうに見えます。
エミレーツ アメニティポーチ 4

中身はこれだけあります。
エミレーツ アメニティポーチ 5

01)アフターシェーブ・ローション
02)香水
03)ローション
04)ティシュ
05)シェーバー
06)シェービングフォーム
07)櫛
08)歯ブラシ
09)歯磨きペースト
10)アイスジェルローション

これまでいろいろな航空会社を使ってきましたが、シェービングフォームまでもらったのは初めてです。この男性用アメニティポーチは、かなり重量感あります。

上記の1) ~3)がブルガリ製です。これらは箱に入っています。
エミレーツ アメニティポーチ 7

オークションで、中身が入ったまま、箱を出品したら売れそうですね。

変わっているなあ、と思うのは、10) のアイスジェルローション。写真でいいますと、歯磨きペーストの右横にあるやつです。私はこんな商品を使ったことありませんでしたが、アラブの男性には人気のあるものなのでしょう。

エミレーツの乗った感想ですけれど、スチュワーデスの皆さんは、外資系エアラインにしては皆さんよく働くなあ、と思いました。そんなわけで、日系エアラインには及びませんが、サービスはなかなか立派だと思いました。

アラブの航空会社にもかかわらず、酒類の品揃えは充分満足のいくものでした。ウィスキーでいいますと、シーバスは18年物、グレンフィデックは15年物がありました。

しかし、機内免税品販売では酒類は無し。このあたりはアラブのお国柄を反映しているのかもしれません。

食事は自分の好みではありませんでした。食事の前に出るナッツと、食後のチーズが大変よかったので、これを肴に酒を飲んで楽しみました。

機内で観れる映画は、日本語のものが沢山あり、映画好きの方は楽しめると思います。

最後に、ドバイの空港のエミレーツ・ラウンジで、ボケっとテレビを見ていたら、コマーシャルで車のフォード社の宣伝がありました。(下の写真はそのイメージ)
UAEの車の宣伝

アラブの民族衣装を着た家族が、四駆の車に乗って砂漠を走るシーンが映っていました。コマーシャルを見ながら、「ああ、ここはアラブなんだなあ。俺もついにアラブまで来たんだ」 と実感し、感慨深いものがありました。

続きを読む

マニアックな機内快適術 服装の巻

スティーブ ジョブスと黒のタートルネックT

前稿に続き、機内快適術のお話しです。

私は以前、長距離フライトであっても、スーツを着ていました。その理由はある先輩が「預けたスーツケースが手違いで届かない場合もある。そんな時、スーツを着て飛行機に乗っていないと、お客さんとのミーティングで恥ずかしい思いをすることになる。だからオレは、長距離フライトでもスーツを着て乗っている」と言っていたからです。

実際、私もこれまでに数回、預けたスーツケースが届かないという事態を経験していますので、先輩の流儀にも納得できるのです。

しかし、スーツを着て長距離フライトに乗るのは、なかなか辛いものがあります。

理由の第一は、スーツにシワがよってしまうこと。上着は預けるので問題ないのですが、ズボンの方は避けられないですね。

次の理由は、預けた上着を着陸前に受け取るのが、わずらわしいことです。日系のエアラインはダンドリが良いので問題ありませんけれども、海外エアラインはダンドリが悪いので、下手すると着陸前に自分の上着を受け取ることができなかったりします。着陸後は皆さん手荷物を降ろしたりして混乱しますので、こうなるとやっかいです。そんな経験も何度かありました。

そして最後のそして、最大の理由は、いい気分でワインを飲んでいる時に、ワインをこぼしてワイシャツをダメにしてしまうリスクがあることです。私は赤ワインを飲むので、こぼすと汚れが取れません。飛行機のワイン事故で、何枚も真新しいワイシャツを捨てるはめになり、嫁さんに怒られました。

前電でお伝えしたとおり、私はウエストバッグを使いますが、スーツにウエストバッグというのもダサすぎますよね。

そんなわけで「長距離フライトの服装をどうしたら良いだろうか」と悩んでいた私に、「これだ!」と閃くものがありました。

上にあげたスティーブ・ジョブズです。

ジョブズにならい、黒のタートルネックで機内の時間を過ごそう、と思いました。これならワインをこぼしても怖くないし(*皮肉なことに、黒のタートルネックを着るようになってから、ワインをこぼすことも無くなりました)、ウエストバッグにも合うし、クールでカッコいいな、と。

もし預けたスーツケースが届かったら、お客さんに謝ればいいや、と割り切りました。昔とちがって、今は日本も海外も、ビジネス着はラフになっていますしね。

タートルネックのため、首まわりを温かく保つことができるのも魅力です。日系エアラインは機内の温度が比較的温かいのですが、欧米系は機内の温度が低いケースもあり(そんな機内でも半袖でいる人もいたりして驚いてしまいますが)、体感温度の管理も服装選びの際に重要な要素となります。

この黒のタートルネックTシャツは、ユニクロの製品(ソフトタッチタートルネックT-長袖)を使っています。
ソフトタッチタートルネックT 長袖

「黒のタートルネックTシャツ」という骨格が決まった後、紆余曲折を経て、ここ数年は次の服装で決まっています。

1)黒の革靴 : HAWKINSのエアライトスーパーという製品を使っています。この靴は旅先でのカジュアル用がメインですけれど、仕事用の靴が雨で濡れたりした時に、ビジネス用で使うこともできるので重宝しています。
HAWKINS エアライトスーパー

2)黒の靴下 : ユニクロ製を使っています。

3)ネイビーのチノ・パンツ:ブルックス・ブラザース製です。綿100%。このパンツも、ワイン事故の際には助かります。ユニクロのチノパンも使ってみましたが、どうも好きになれず、少し高いけれどブルックスにしています。

4)黒の半袖Tシャツ:ユニクロ製です。

5)黒の長袖ヒートテック:もちろんユニクロ製です。

6)黒のタートルネック長袖Tシャツ: 上述のとおりです。

機内の温度によって、4)~6)を着たり脱いだりして調節しています。

この上に、旅先の気候に合わせて、黒かグレー系のカジュアルな上着を持っていきます。日系エアラインでは黒のタートルネックTシャツまでで充分温かいのですが、欧米系エアラインで寒く感じる場合は上着を着ることもあります。

仕事の際には、だいたい車で移動なので、外気に触れる時間も限られます。そうしたことから仕事用のコートは持っていかないことにしています。

仕事でもプライベートでも、長距離フライトの時は「この服装」って決めているので、旅の前に悩むこともなく、楽になりました。

そんなわけで、ようやく私にとって究極の、この服装に辿り着いたわけですけれども、私と同じ格好をしている人を見た事がありませんね。私のように機内でワインをこぼすマヌケはいない、ってことなのでしょう。

次稿は「マニアックな機内快適術の番外編」、機内で観る映画についてです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
42位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。