スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の英語には主語が無かった

渡部昇一 歴史の読み方

Pen : PeliKan - M400 (F)
Ink : Pilot – Konpeki

日本語はあまり主語を使わないなどといわれるが、英語にしろ、元来、小部族で存在していたころは、主語などめったに使わなかった。英語には必ず主語があるが、日本語には主語がなくてもよいなどというのは、英語の歴史を知らない人だけが言うことである。
しかし、英語にしても、しだいに英語圏が広くなると、主語をはっきり整理しなければならなくなる。日本語の場合は、あくまでも家族用語のようなものだから、家族の中で主語から述語までをはっきり言っていたのでは、むしろ不自然に聞こえる。

渡部 昇一 : 歴史の読み方
====================

渡部昇一 画像
2017年4月16日、偉大なる知の巨匠、上智大学名誉教授の渡部 昇一先生が永眠されました。ご冥福をお祈りします。

渡部先生は1974年に出版された 「ドイツ参謀本部」、1976年 「知的生活の方法」 といったベストセラーをきっかけに、様々な分野における本を意欲的に書かれた方でした。

ドイツ参謀本部

知的生活の方法 渡部昇一

ウィキペディアによると、蔵書は14万冊を超えるとのこと。1日に1冊の本を読んでも384年かかる量ですから、常人には及びもつかない世界です。
渡部昇一 蔵書

そんな渡部先生の本を読み返していて、目に止まった箇所がありました。上述の 「英語にしろ、元来、小部族で存在していたころは、主語などめったに使わなかった」 という部分です。先生の専門は英語学ですから、この言葉に誤りはないでしょう。

現代の英語から考えると、「主語の無い英語」 というのは想像もつきませんね。

しかし、言語の発達過程をイメージしてみると、同一言語を用いるコミュニティが狭ければ狭いほど、少ない言葉で十分なコミュニケ―ションが成立するということは理解できます。

たとえば、旦那さんが離れたところから 「おーい」 とひとこと奥さんに声をかけたら、その声のト―ンで、「あっ、お茶を持ってきてくれ、っていうことね」 と奥さんは推測できる、なんてケースがそれに相当します (*我が家でもこんな以心伝心の夫婦関係になればと憧れます)。太古の世界における人のコミュニケーションは、ほとんどがそんなベルだったのではないでしょうか。

したがって、どの言語においても、言葉が生まれた当初、主語は不要だったと考えるのが自然です。

やがて、民族間の接触が増え、社会が複雑化するとともに、多くの言語において主語は必要なものになってゆきました。

こうした社会変化は世界に広まり、ついには主語を必要とする現代英語に落ち着いたわけです。

日本においても同様に、社会の変化が起こりました。しかし、日本語においては依然として主語は曖昧なままです。なぜなのでしょうか。

林 望先生は、「文章の品格」 という本の中で、日本語の主語について次のような言葉を残されています。

++++++++++++++++++++
日本語には二人称が無い、ということをご存知でしょうか。いや、そんなことはないよ、「あなた・きみ・そなた・おまえ」 いろいろあるじゃないか、と反論が聞こえそうです。
しかし、じつはこれらの 「一見二人称に見える言葉」 は、語源的に見れば、それぞれ 「あちらにいる人、たいせつな方、そっちの方にいる人、目の前にいる人」 とでも言うべき言葉で、英語のyouのように、それ自体がニ人称の代名詞として存在していた言葉ではありません。
じつは日本では古来、相手の名前を打ち付けに呼ぶのは非常に無礼なことだと考えられてきました。それは名前にはその人の魂が宿っているからで、そういう大切なものを安易に口にするのは、相手の生命を脅かすものだとさえ思われていたのです。
++++++++++++++++++++
林 望  文章の品格

現代に生きる我々にとって、「名前にはその人の魂が宿っているからで、そういう大切なものを安易に口にするのは、相手の生命を脅かすものだとさえ思われていた」 なんていう意識は全く無いと言ってよいでしょう。しかし私は、依然として日本人の潜在意識の中に、そういう考え方が眠っているのではないかと思うのです。このため、「相手の名前を打ち付けに呼ぶのは非常に無礼なこと」 という認識が今も続いているのではないでしょうか。

話は元に戻りますが、では、日本語は、主語の使用を控えめにしたまま、どうやって社会の複雑化に対応していったのでしょうか。

その答えは、世界屈指の、高度に発達した敬語システムにあります。敬語があるから、主語を省いても、文脈により、それが誰を指しているかを察することができるわけですね。
keigo

日本人は子供の頃から主語を使わない会話の環境に慣れているので不自然には感じませんけれども、主語を使わずに敬語を使って微妙な距離感を演出するというのは、世界でも稀にみる高度な技能なのです。

日本人の持つ繊細な感覚は、世界の中でも突出していると私は考えていますが、日本人がそのような特徴を持つに至った理由のひとつとして、敬語を持つ日本語の特殊性があげられるでしょう。

これからの時代、海外の人々は、ますます繊細な日本文化へ注目してゆくはずです。しかし、どれほど海外が日本を模倣しようとも、日本文化の強さの源泉が、日本語という言語に根差したものである以上、決して追いつかれることはないのです。

「日本人の自己主張が足りないのは、日本語は主語が曖昧だから」 とか、「日本人はYes、Noがはっきりしない」 なんていう論調を目にすることがありますが、そんなことは全然、気にしなくてよいと思います。それが日本語の特徴であり、日本人の特徴なんですから。

日本人は高度な日本語を操るからこそ、オリジナリティ溢れる日本文化を築くことができ、また、今後も世界の中で高い競争力を保ってゆくことができるのです。

逆に言うならば、日本文化と日本語は深く結びついているがゆえに、「日本文化を学びたい」 と希望する外国人は、日本語を習得しなければ、文化の真髄には近づけないということになりましょう。

AIが急速な進化を続ける中、超高度の自動翻訳機が誕生するのは時間の問題。

日本が世界の競争の中で勝ち残っていくための鍵は日本文化を磨くことにあり、だからこそ、未来の日本を担う子供たちの日本語力を高めることが、国力強化に向けて最短の道であると私は信じています。小学校で、お遊び程度の英語の授業に時間を費やす余裕はありません。
スポンサーサイト

情熱とPassionの違いから、、、

情熱を持って生きる
Pen : Platinum - sai (M)
Ink : Pilot - Kirisame

パリに暮らしたあの日々から、素直に暮らすための秘訣をたくさん学んだけれど、なかでも私にとって一番大きかったのは 「情熱的に生きる」 ことを学んだことだった。
あなたさえその気になれば、日々のささやかなできごとが特別になる。すべてはあなた次第なのだ。笑いや友情、アート、知的な探求、そして喜びにあふれるとき、人生は素晴らしいものになる。毎日いろいろなことに感動しよう。(略)
パリに住んでいたとき、わたしの生活はすみずみまで情熱にあふれていた。わたしは人生が与えてくれる喜びを、思う存分に味わおうとしていた。わたくしはほんの小さなことにも大きな喜びを感じた。 - マダム・シックのおいしい夕食を味わったあとにショパンのレコードを聴いたり、マダム・ボヘミアンヌ特製の小麦粉を使わないチョコレートケーキに舌鼓を打ったり、チェイルリー公園でひなたぼっこをしながら、一遍の素晴らしい詞を読んだり・・・わたしのパリでの生活は、最高に満ち足りていた。どんなひとときも、わたしには愛おしかった。

フランス人は服を10着しか持たない (Capter16:情熱を持って生きる
====================


前稿に続き、「フランス人は10着しか服を持たない」 の一文を揚げています。

この文章を目にしたとき、私は妙な気がしました。例えば次の箇所です。

++++++++++++++++++++
「わたくしはほんの小さなことにも大きな喜びを感じた。 - マダム・シックのおいしい夕食を味わったあとにショパンのレコードを聴いたり、マダム・ボヘミアンヌ特製の小麦粉を使わないチョコレートケーキに舌鼓を打ったり、チェイルリー公園でひなたぼっこをしながら、一遍の素晴らしい詞を読んだり」
++++++++++++++++++++

ショパン

チェイルリー公園でひなたぼっこ

このような小さなことに喜びを感じることは、「情熱にあふれる」 ことなのでしょうか? 少なくとも、日本人の感覚からすると、これらは 「情熱」 という言葉からは縁遠いと言えませんか?

そこで私は、翻訳ミスにより、「情熱」 という日本語が使われたのだと考え、この部分が英語版でどのように記載されていたかを調べてみました。

すると、章題である 「情熱を持って生きる」 の部分は、「Live a Passionate Life」 と記されていたのです。Passion = 情熱、ですから、これはまさに直訳。誤訳でもなんでもないことがわかりました。

本書の翻訳をされた神崎 朗子さんも、この部分の訳は悩まれたと思います。おそらく神崎さんは、「日本人の感覚からすると、『情熱』 という訳はそぐわないのだけれど、他に適当な訳語もないので、ここは原文どおりに訳そう」 と判断されたのでしょう。

それにしても、私にとって驚きだったのは、欧米人 (著者はアメリカ人) が、このようなケースで 「Passion (情熱)」 という言葉を用いるということでした。

日々の些細な出来事に喜びを感じるようになるためには、鋭敏な感覚が必要です。それは精神面の成熟とともに人間の内面に育まれてゆくものであり、この点において、日本人も欧米人も変わりはないはずです。

ただ今回、上述の一文を読んで、そうした鋭敏な感覚を得るようになるまでのプロセスにおいて、日本人と欧米人との間には大きな違いがあるのではないかと感じるに至りました。

日本人は経験を積むとともに、「感覚を研ぎ澄ましてゆく」 という方向に進むと思うのです。つまり、余分な感覚を捨て去る中から、鋭敏な感覚、すなわち、本質が浮かび上がってくる、ということです。

これに対して、欧米人はPassionという言葉を用いることからもわかるとおり、積極的に、自らが持つ全ての感覚のうち、鋭敏な感覚はどれなのかと、探し求めていくのではないでしょうか。passionante life

すなわち、欧米人にとっての 「Passion」 という言葉と、日本人にとっての 「情熱」 という言葉との間には大きな隔たりがあるため、今回の例のように、翻訳で違和感の残るケースが生じるのです。

さらにいうならば、今回の、「Passionと情熱」 のようなケースはほんの一例にすぎず、全ての単語において、日本語と英語の間には多かれ少なかれ同様の溝が生じています。

ということは、どれほど英語が上達しようとも、英語を用いて外国人と完璧なコミュニケーションをとることはできない、ということになります。

また、さらにその先を言うならば、「情熱」 という日本語の単語ひとつとっても、Aさんにとっての 「情熱」 と、Bさんにとっての 「情熱」 が、完全に同じ意味を成すことは無く、必ずなんらかの祖語が生じています。

日本人同士ですら、日本語を用いて完璧なコミュニケーションをとることはできないのです。

言語とは、その本質において、かくも不自由なものですから、それをどれほど上手にあやつろうとも、この世において、自分の意思を完全に理解してくれる人は存在しない、ということになります。

この世はなんと孤独に満ちているのでしょう。

人はこの世に生を受けた瞬間から、あの世へ旅立つまで、生涯孤独。
人は孤独な存在

私は、この、絶望的な現実をしっかり受けとめることが、人として自立するうえで、大切なことだと考えています。

我々が抱える悩みの多くは、「人は自分を理解しくれない」、「人は自分を認めてくれない」 というところから発しているのではないでしょうか。

しかし、「人は自分を理解してくれないもの。人は誰もが孤独な存在」 という前提からスタートすれば、悩みは存在しなくなります。

一方で、たとえ人間関係の悩みから解放されたとしても、人は人間関係を断ち切ることはできません。人は孤独な存在であるにもかかわらず、孤独では生きてゆけない、という矛盾を抱えているからです。

だからこそ、「人は孤独な存在である」 ということを受け入れて初めて、「人を愛すること」 が大切だと、気付けるのではないでしょうか。

無償の愛

見返りを求めない無償の愛。言葉も通じぬ赤子に対して親が抱くその気持ちに、人が人として生きていくうえでの本質が在るのでしょう。

フランス人は10着しか服を持たないのか?

フランス人は10着しか服を持たないのか
Pen : Pilot - Custom Heritage 912 (WA nib)
Ink : Herbin - Vert Reseda

シックなデザイン、シックなおしゃれ。「上品で洗練された」 という意味を持つフランス語のシックという言葉は、日本ではそんなふうに使われている。けれども本書を読んでいると、シックという言葉の持つ深い意味がわかってくる・・・・シックというのは人や物の外見だけでなく、ライフスタイルや生き方、暮らし方、心の持ち方までも表す言葉なのだ。
アメリカ人の著者ジェニファー・L・スコットが、南カリフォルニア大学在学中にフランスへ留学し、パリの暮らしで学んだ価値観を一言で表す言葉が「シック」だ。マダム・シックをはじめ、パリのシックな女性たちは自分をよく知っていて、装いにも食事にもインテリアにもこだわりを持っている。大事なことにはお金をかけるが、ムダを嫌い、見栄を張らない。本当に気に入ったものだけを長く使う。シンプルな暮らし。それは次々と新しい物を求めて大量に消費する、アメリカのライフスタイルとは正反対だった。ジェニファーはみずみずしい感性と優れた知性で新しい価値観を吸収し、殻を破って、女性として花開く。

フランス人は服を10着しか持たない -訳者あとがき :神崎 朗子
====================

昨年、フランスへ旅行してみて、すっかりその魅力の虜になってしまった私は、「フランス人は10着しか服を持たない」 という本を買ってしまいました。

フランス人は10着しか服を持たない

読んでみてわかりましたが、服について記載されているのは本書の一部にすぎません。この本は、パリの上流家庭にホームステイしたアメリカ人の著者が実際に見聞きした、フランス人のライフスタイル全般について語ったものです。

このため、「フランス人は10着しか服を持たない」 という書名には違和感があるのです。原題は 「シック夫人からのレッスン(Lessons from Madame Chic)」 となっています。

Lessons from Madame Chic

ただ、日本で本を販売する出版社の立場で考えた場合、「シック夫人からのレッスン」 では、読者に見向きもされないでしょう。おそらく、訳者と出版社は、どういう題名にしたらよいか懸命に考え抜いたうえで、「フランス人は10着しか服を持たない」 という書名に辿り着いたはず。ベストセラーにすることができたのは、マーケティングの勝利と言えるでしょうね。

さて、原題にある 「シック夫人(Madame Chic)」 というのは仮名にすぎません。

上述のとおり、アメリカ人の著者が、フランス人のライフスタイルを 「シック」 であると感じ、それをホームステイ先の婦人の名前に当てはめたのです。原題の 「Lessons from Madame Chic」 には、著者のそうした想いが込められているのでした。

前置きはさておきまして、今回、お伝えしたいのは、「シック」 と 「エレガント」 の違いです。

この二つの言葉は似ています。何が違うのでしょうか?

実は先日、フランス人と話す機会があり、この違いについて聞いてみたのです。

すると、この二つの言葉は似ているけれども、シックはよりモダンでカッコいいイメージ、またファッションに対して使うイメージとのこと。

例えば、流行のファッションに身を包んだ女性に対して、男性は 「エレガントですねぇ!」 と言うよりも、「シックですねぇ!」 と言った方がピッタリくるわけです。

それに対して、エレガントは、ファッションのみならず、生活スタイルや人格など、より広い意味で使われるそうです。別な言葉に置き換えるならば、「良いセンス」 ということになるでしょう。

さて、ここでもう一度、上述の訳者のあとがきを振り返ってみましょう。

「シックというのは人や物の外見だけでなく、ライフスタイルや生き方、暮らし方、心の持ち方までも表す言葉なのだ」 とあります。

ここでいう 「シック」 は、本当のところ、「エレガント」 に置き換えるべきなんですよね。つまり、本書のエッセンスを述べるとすれば、「フランス人のライフスタイルは (シックというよりはむしろ) エレガントである」 ということになります。

となると、原題は 「Lessons from Madame Elegant」 とするのが本来あるべき姿でしょう。

しかし、アメリカ人の目からみて、「Madame Elegant (エレガント夫人)」 という書名はどう響くのでしょう? 私はアメリカ人ではないので正確なところはわかりかねますが、おそらくピンと響かないと思います。「エレガント」 はよく使われる言葉であるため、あきらかにウソの名前だとわかりますから。

一方、「シック」 という言葉は、アメリカでは 「エレガント」 ほど使われないはずです。そうすると、「シック夫人」 ならば、アメリカ人が書名を目にしたとき、「そんな名前の人がいるかもしれない」 という気に一瞬なるのではないでしょうか。

ジェニファー スコット
著者のジェニファー・L・スコット (上写真) は、シックよりもエレガントという言葉の方が、フランス人のライフスタイルを表す適切な言葉であることを知りながらも、マーケティングのために、あえて 「シック夫人」 の書名を付けたのではないかと私は考えます。そして、見事、ベストセラーに輝きました。

アメリカで出版された原書の書名も、日本版の書名も、いずれもあえて本質から少し外すことにより大成功をおさめることができたといえます。

このように、よい作品があれば、必ず売れる、成功する、とはかぎりません。人に伝えることができて、初めて評価を得ることができるのです

同様にビジネスの世界においても、どんなに良い仕事をしたところで、それが人に伝わなければ、自己満足で終わってしまいます。自分の仕事においても、「人に伝える」 ということをもっと意識していかねばならないな、と思いました。

伊坂幸太郎 「ゴールデンスランバー」 を読んで

伊坂幸太郎 ゴールデンスランバー

Pen : Pilot - Custom Heritage 912 (WA nib)
Ink : Herbin - Vert Reseda

「いいか、これがおまえたちの仕事だということは認める。仕事というものはそういうものだ。ただな、自分の仕事が他人の人生を台無しにするかもしれねえんだったら、覚悟はいるんだよ。バスの運転手も、ビルの設計仕も、料理人も、みんな最善の注意を払ってやってんだよ。なぜなら、他人の人生を背負っているからだ。覚悟を持てよ」

伊坂幸太郎 : ゴールデンスランバー
====================

社会人になってから40代後半まで、歴史小説は別として、私は小説というものをほとんど読んだことがありませんでした。

そんな私が伊坂幸太郎さんの本を読むようになったきっかけは、同じ課におられた女性社員との会話からでした。その人は読書が趣味だったので、「好きな作家は誰?」 と聞いたところ、「そうですねぇ、最近は伊坂幸太郎かな。面白いですよ」 という回答。もちろん、当時は伊坂幸太郎なんて名前も聞いたことがありませんでしたが、「これも何かの(作家との)ご縁かも」 と思って読み始め、今に至っています。

そんな伊坂さんの 「ゴールデンスランバー」 は、“ミステリー”というよりは、ハリウッド映画っぽいサスペンス調の仕上がり。映画化されたのも頷けます。読み始めたら止まらず、休日を使って一気に読破してしまいました。
ゴールデンスランバー

ケネディ大統領暗殺事件におけるオズワルド被告さながらに、総理大臣の暗殺犯として疑われた主人公が逃走を続けるストーリーです。

冒頭の言葉は、「犯罪者の親」 としてマスコミに囲まれた主人公の父親が、マスコミの圧力に抗議して叫ぶシーンで出てきたもの。伊坂さんの小説に臨場感が溢れるのは、こうしたディテールをしっかり描きこむところにありますね。これはいい言葉だなあ、と思いました。

前稿でも記しましたが、仕事というものは何らかの形で 「世間の役に立つ」 ということで成り立っています。ということは、仕事を通じて他人の人生に何らかの影響を及ぼしているということに他なりません。

例えば、どしゃぶりの雨の中でも、たったひとつの小箱を嫌な顔ひとつせず持ってきてくださるヤマト宅急便のドライバーさん。今、長時間労働で問題になっているくらいですから、本当に大変なお仕事だと思うのです。

ヤマト宅急便

それでも不機嫌な顔をされたヤマトの方って見たことがありません。いつも明るく元気よく。そんな姿を見ると、「すごいなあ」 と尊敬してしまうと同時に、つまらぬことでストレスを抱えている自分が恥ずかしく思えてしまいます。

自分が今もブチ切れることなく会社を辞めずに働いておれるのは、もしかすると深層心理に焼き付いているヤマトの皆さんのおかげかもしれません。

そうしてわが身を振り返ってみると、「自分の仕事が他人の人生を台無しにするかもしれない」 なんていう覚悟が全然できていないなあ、思うのです。

他人様の仕事ぶりを見て自分がパワーをもらっているのであれば、自分も同じように仕事を通じて他人様にパワーを返してあげないと。「50を越えたオッサンがこんなにがんばっているのなら、俺も負けられないぞ!」 なんて若手に感じてもらえるくらい熱くやってみて、ようやく少しだけ社会へ恩返しできるといったところでしょうか。

有名とか無名とか、そんなことは全く関係なく、プロフェッショナルであるか否かの差は、この 「覚悟」 にあるのかもしれません。

伊坂さんの小説を通じて、一歩だけ前に進めた、、、かな?


P.S.  今回使用したインクはエルバンのモクセイソウグリーンです。
モクセイソウ グリーン

この色、癒されるんですよね~

蛭子 能収さんの仕事観とは

ひとりぼっちを笑うな  蛭子能収
Pen : Pilot - Kaede (FA)
Ink : Pilot - Konpeki

所詮、お金をもらうための手段が仕事じゃないですか。(略)あまり胸を張って言うことではないけど・・・ 「お金のためなら、なんでもしますよ!」っていうくらいの気持ちはある。
でも仕事って本来、そういうものなんじゃないかな?いや、その程度のものと言っていいかもしれない。(略)
僕からすると 「仕事は自己表現する場」 なんて思考は、よく理解できないかもしれない。それよりもなによりも、自分の自由時間のほうがよっぽど大事。その自由のために働いていると言っても過言ではありません。

ひとりぼっちを笑うな : 蛭子 能収
====================

蛭子 能収さんといえば、「あの 『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』 の人ね」 という形で思い出す方が多いことでしょう。
ローカル路線バス乗り継ぎの旅

その蛭子さんの本職は漫画家なのですが、「蛭子さんのマンガを読んだことある?」 とまわりに聞くと、読んだことがある人は少数派。今や本職よりも副業の方が有名になってしまった方と言えるでしょう。

私が蛭子さんの名を知ったのは、蛭子さんがバラエティ番組やバス旅行でブレークするはるか前の80年代、そのマンガ作品を通じてでした。

下手な絵で (これ、たぶんわざと下手に書いているのだと思いますが)、ストーリーもつまらない。「こんなので雑誌に掲載されるの?」 と思うのですが、不条理な世界が妙に記憶に残ってしまうという、不思議な印象がありました。

その後、蛭子さんはテレビに出始めます。「あっ、あの下手くそマンガの蛭子さんだ!」 と思って見て、「この人にこのマンガありだなぁ」 と妙に納得したことを覚えています。

バス旅行の番組で蛭子さんを見て笑えた方は、ぜひマンガも見てほしいですね。

そんな蛭子さんが出されたマンガでない本、「ひとりぼっちを笑うな」を買って、家で読んでいたら、妻が激高しました。「あなた、蛭子さんの本を読むなんてどういうつもり?」 と完全拒否反応。蛭子さんのサエない風貌に (蛭子さんゴメンナサイ)、我慢ならないそうです。「了見の狭いお方ですね」 と返しておきました。

ともあれ、「ひとりぼっちを笑うな」 を読みまして、私は何か蛭子さんと相通じるものを感じました。

蛭子さんはパーティや宴会が大の苦手とのこと。私もそうです。気の合う友人と飲みに行くのは好きですけどね。

畳の席の宴会なんかですと、盛り上がってきたところで席を移り、上司の前に行って 「どうぞ」 なんて言ってお酒を注ぐ宴会上手な方がいます。というより、だいたい皆さん、そうするものでしょう。
oshaku

けれども私、あれができないんです。出世のことを考えると、あの技ができないのはマイナス以外のなにものでもありません。しかし、四半世紀を越えるビジネスマン人生で、宴会時の席移動をせずに通してきましたから、このままのスタイルでビジネスマン人生を終えるつもりです。

そもそも、自分の目の前の席の方に、「ちょっとすみません」 なんて言って席を変えてしまうのは失礼な気がしてしまうのです。私自身、目の前の方にそれされるとあまり良い気はしませんから。

蛭子さんは宴会を抜け出して一人になるとホッとするそうで、その気持ち、よくわかるなあ~

蛭子さんはまた、友人も少ないそうで、孤独である環境が快適だと述べています。私自身も友人の数は多くありません。葬式のときにお悔やみに来てくれる人は少ないだろうなあ、と思います。

少し寂しい気もしますが、人付き合いに多くの時間を割くよりも、自分ひとりの時間を大切にしたいのです。妻は反対に、常に人と接点がないと耐えられないタイプでして、なにかといつも人づきあいで悩んでいます。「それだったらいっそのこと、人付き合いなんて止めてシンプルに生きればいいじゃない」 と私は言うのですが妻には私のような生き方は理解できないようです。

その蛭子さんの仕事観を記したのが上の一文です。

さすがの蛭子さんも 「あまり胸を張って言うことではないけど」 と前置きしていますが、「お金のためなら、なんでもしますよ!っていうくらいの気持ちはある。でも仕事って本来、そういうものなんじゃないかな?いや、その程度のものと言っていいかもしれない。」 という言葉を見て、最初は 「えっ?」 と思いました。

なぜなら 「仕事というものには、お金を越える何かがあるのではないか」 と私は考えてきましたから。このブログの根底には、そうした想いを綴っているつもりです。

しかし、蛭子さんにズバリ言われてみて、「そういう考え方もアリなのかな」 と思ったんです。

イリーガルな世界は別として、通常、人様からお金をいただくということは、自らの行為が世間の役に立っているということの証に他なりません。蛭子さんであれば、彼の 「ヘヘヘッ」 って頭に手を当てる姿をみて、思わず吹き出してしまう視聴者のお役に立っているからギャラを取れるわけですよね。
蛭子さんの笑い

すなわち、蛭子さんのようにお金を目的として仕事をするとしても、結果としてそれは社会貢献になるのだからそれで良いのではないか、ということです。なにも肩肘張って 「オレが仕事をするのは、金のためだけじゃない」 なんて思いこむ必要はないのかもしれない。蛭子さんに 「もっとリラックスして生きてみたら」 と肩を押されたように思います。

今まで現代人が根底に思いを抱きつつも、コトバとして表現するのを無意識にためらってきた内容をズバリ表現してくれた蛭子さんって、実はすごいアーティストなのかもしれません。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
43位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。