スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築家が引く鉛筆の線とは

松家 仁之 火山のふもとで
Pen : Piloto - Kaede (F)
Ink : Pilot – Fuyushogun

大学のときからぼくは、製図には少なからず自信があった。しかし内田さんからステッドラーの使いかたをあらためて教えてもらうと、それまでのやりかたがいかに我流だったかに気づかされた。アルバイトをはじめたばかりのころ、一センチ幅のなかにニミリ間隔で線を引いてゆく練習をした。音符のない長い五線譜ができてゆく。ふつうの線、薄く細い線、濃い線、三種類の五線譜だ。内田さんに見てもらい、トレーシングペーパーに接する鉛筆の芯の角度と腕の動かしかたを調整する。それだけで線の太さや濃淡の差がきれいに整ってゆく。すべるように動く内田さんの手元を見ていても、どこにどう力を入れているのかわからない。ピンと張りつめたように引かれた光る線。軽く、堅く、やわらかい、誰にも似ていない音がする。
「線を引くとき、無意識に息をつめるでしょう。それがね、間違いのもとなんだ。誰もが陥りやすい勘違いでね」
鉛筆を指先で持ったまま、頼りない顔をしているぼくに向かって内田さんはそう言った。
「息をつめたとたん、筋肉はかたく緊張する。ゆっくり息を吐くと、筋肉の力は抜けてゆく。深呼吸するとリラックスするっていうのは、そういうことなんだ。だからゆっくり力まずに息をしながら線を引いたほうが、腕の状態が安定する」

松家 仁之 : 火山のふもとで  

====================
夏の間は公私にわたり忙しく、冷夏だったとはいえ、暑さもあってヘトヘト。文を書くエネルギーも湧かず、ブログもすっかりご無沙汰してしまいました。

さて、涼しくなり本を手にとる元気も出てきたこともあり、さっそく 「積ん読」 から取り上げたのがこちら。
火山のふもとで

この本を知ることになったきっかけは、私が家を建てるときはこの方にお願いしたいと密に思っている建築家、関本竜太さんのブログを通じてでした。

本書は建築設計事務所を舞台にした小説です。登場人物の中には、故吉村順三氏と
吉村順三

中村好文さんの
中村好文

イメージそっくりの方が出てきます。

中村好文さんがモデルになったと思われる 「内田さん」 は主人公の教育係でありまして、その輪郭が次のように描かれています。

「(事務所の中で) 三十代半ばの内田さんが一目置かれているとすれば、それはディテールのセンスだろう。間接照明の目隠しや引き戸のおさまり、テーブル、椅子、キャビネット、ベッドなどの家具のデザイン、暖炉のレンガの積みかた、浴室のタイルと檜張りのコンビネーションなど、手に触れたり、目にとまったりする仕上がりに、独特の繊細な工夫があった」

まさに著者が中村さんを脳裏に思い浮かべて書いたとしか思えない文になっています。

この本に出会えてよかったのは、我々が窺い知ることのできない、建築設計事務所の日常を垣間見ることができたことです。

例えば朝の風景。

「九時になると、ほぼ全員が自分の席について、ナイフを手に鉛筆を削りはじめる。鉛筆はステッドラー・ルモグラフの2H。Hや3Hの人もいた。(中略) 鉛筆を削る音で一日がはじまるのは、北青山でも夏の家でも同じだった。はじめてみると、たしかにこれは朝いちばんの作業にふさわしい気がしてくる。コーヒーを淹れる香りのように、鉛筆を削る匂いで、まだどこかぼんやりしている頭の芯が目覚めてゆく。カリカリカリ、サリサリサリという音で、耳の神経にもスイッチが入る」

著者の松家仁之さんは、綿密に取材したのでしょうから、おそらく当時の吉村順三設計事務所の朝の風景はこんなかんじだったのでしょうね。

この朝の風景、あこがれちゃいます。人間らしいぬくもりが音や匂いから感じられます。今はパソコンにスイッチいれて、キーボードのカタカタカタ、という音だけ。味気無い時代になりました。

きっと当時の建築家やデザイナーは、“鉛筆を削る” という毎朝の儀式を通じて、心と身体の感覚を鋭利に研ぎ澄ましていったのでしょう。芯の先端に意識が集中しますから、精神統一に最適です。私が会社経営者になったら、朝は朝礼したりせず、「全員で鉛筆削りを5分間やろう」 なんて言い出しそうです。(余談ですが、進学校の豊島岡女学園は毎朝5分間、「運針」 という手縫いの作業を生徒にさせるそうです。鉛筆削り同様、これで勉強モードにスイッチが入るのでしょうね)

それにしても、線引きに使われていたのが、ステッドラーのルモグラフ (鉛筆) だったとは驚き!
ステッドラー ルモグラフ

建築家はマルステクニコ芯ホルダー780Cがお好きなのだと思っていました。
マルステクニコ780c

私は仕事でこの芯ホルダーに4Bの芯を入れてよく使っています。チームのメンバーに自分のイメージをサッと書いて示したりするときに便利。

建築家は薄くて硬い芯が好きです。ステッドラーはもととも硬めなので、3Hといったら、ユニだと5Hくらいに相当するのでは。5Hなんて、一般人には縁の無い世界。

さて、プロがそのステッドラー、ルモグラフをどう使うのか。それについて記されたのがトップに揚げたところです。

我々が鉛筆で書くときは全然意識をすることすらない、濃淡や太さ、というものにまで神経を研ぎ澄ませて一本一本の線を書いてゆく。それがこの時代の建築家の姿でした。

現代の建築家は、鉛筆で線を書くのでしょうか。おそらくパソコンで描く作業が中心でしょう。自分で芯を削り、線ひとつ書くにしても呼吸まで意識して濃淡や太さを表現していた時代の建築家より、仕事は早く正確になったかもしれない。しかし、本当に優れた建築は生まれにくい環境になっているのかもしれません。なぜなら、建築はつまるところ、人間の身体感覚と密接に結びついているわけで、鉛筆を使わなくなった建築家は、その肝心の身体感覚が劣化している可能性が高いからです。

自分が家を建てようと思って建築家を決めるときには、その建築家の事務所を訪問し、スタッフが鉛筆で線を引いているか否か、そこに注目するのがコツかもしれません。そして、これまで制作してきた作品の図面を見せてもらうこと。手書きの図面の線が美しく手書きで描かれているか否か、そこをよ~く見たら、腕のほどがわかるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

左手にロレックス、右手に100円ボールペン

池波正太郎 男の作法

Pen : Pelikan - M800 Rollerball
Ink : Broad, Blue

万年筆とかボールペンとかサインペン、そういうものは若い人でも高級なものを持ったほうが、そりゃ立派に見えるね。万年筆だけは、いくら高級なものを持っていてもいい。つまり、いかに服装は質素にしていても万年筆だけは、たとえばモンブランのいいものを持っているということはね。

池波正太郎 : 男の作法
====================

2016年、最初に読んだ本は池波正太郎の 「男の作法」 でした。この本は、10年ほど前に読んだのですが、手にとってパラパラと眺めてみたらすっかり中身を忘れていることに気付いたので再読することにしたのです。

万年筆について語られている上記の箇所は、最初に読んだときにはおそらく読み流していたはずです。しかし、潜在意識に刻み込まれていたのでしょうか。近年、私はペン収集が趣味になってしまいました。

池波さんがこの本を出されたのは1981年。当時は万年筆が衰退し始めていたとはいえ、ビジネスマンでも万年筆を仕事で使う方がおられたはずです。

しかし、その後はボールペン全盛の時代になり、現在、ビジネスマンで万年筆を使う方はほとんど見かけません。

私の場合、オフィスに万年筆は置いてあるものの (*インクが乾いてしまうリスクの無いプラチナのセンチュリー3776シリーズです)、基本的にはボールペン (主に水性) を使っています。

ボールペンのメリットである、インク漏れのリスクが無いこと、突然のインク切れのリスクが少ないこと、速記してもインクフローが安定していること、といったことを考えると、ビジネスの現場では万年筆よりボールペンの方が実用面で勝るというのが私の結論です。

そんなわけで、池波さんの上述の言葉を現代風に置き換えるなら、「ボールペンだけは、いくら高級なものを持っていてもいい。つまり、いかに服装は質素にしていてもボールペンだけは、、、」 ということになりましょう。

池波さんはペンに関し、「男の作法」 で次の言葉も遺されています。

「男が (*ペンを) 外へ出て持っている場合は、それは男の武器だからねえ。刀のようなものだからねえ、ことにビジネスマンだったとしたらね。だから、それに金をはり込むということは一番立派なことだよね。貧乏侍でいても腰の大小はできるだけいいものを差しているということと同じですよ」

この箇所を目にしたとき、昨年末の出来事を思い出しました。

ミーティングでお会いした、某大手企業の重役のことです。

その方は、一目でそれとわかる、ブルックス・ブラザーズのブレザーとシャツとネクタイを着ておられました。
Brooks Brothers

持たれているブリーフ・ケースはTUMIの定番26108。
TUMI 26108

左腕にはゴールド・カラーのフルーテッドベゼルが眩しい、ロレックスのデイトジャスト。
Rolex DATEJUST

ビジネスマンに人気の高いブランドが勢ぞろい、というかんじですね。

そんな方がミーティングの席において、TUMIのブリーフ・ケースから取り出したペンは、、、プラスチックの100円ボールペン (2色) でした !
2色ボールペン

私のようなマニアは別にして、ビジネスマンの場合、必ずしも高級ペンを持つ必要は無いと思うのです。数千円、いやわずか千円も出せば、ピカピカのロレックスと一緒に目に入っても違和感のないペンはいくらでもあるのですから、普通はそれで充分です。

時計に何十万円もかける方が、なぜ100円ボールペンなのか。

私の価値観は池波さんのそれに近いので、高級ペンを持つ方が量販店のスーツを着ていても全然違和感はありません。しかし、たとえ身をブランド品で固めていたとしても、手にするペンが安価なものであると、その方の品位を台無しにしてしまうことがわかりました。実にもったいないことです。

その一方でふと思ったのです。自分も同様に、何か一点の隙によって 「この人、ダメなんだろうなあ」 と人様に思われていることがあるのではないかと。

「俺は人からどう見られようと、そんなことは気にしないよ。自分は自分だ」 という考え方もあるかもしれません。

しかし、ビジネスの世界においては、人とのつながり無くして仕事は成り立ちません。そう考えると、見栄や虚栄心といった次元から超越したところにおいて、「自分は人様からどう見られているのか」 という意識を持つことは、多くのビジネスマンにとって、美しい仕事を目指すうえでとても大切なことではないかと思うのです。

「常に他人様に見られている」 ということを意識を忘れずに、2016年も美しい仕事を目指してゆきたいです。

大谷選手に贈る万年筆を考える

大谷選手と万年筆

Pen : Pilot - Custom Heritage 92 (M)
Ink : Pilot - Murasaki Shikibu

~ 大谷 中田から「今季15勝」のご褒美、高級万年筆リクエスト ~

日本ハム・大谷が「書」で飛躍する。千葉・鎌ヶ谷での秋季練習後、大谷は主砲・中田とシーズン前に約束した 「今季15勝」 を達成し、ご褒美として 「高級万年筆」 をもらうことを明かした。すでに中田にはリクエスト済みで 「書くことが減っている。きちんとしたものがあれば、そういう気持ちになれる」 と心待ちにした。

岩手・花巻東時代。毎日の練習後に反省や目標を記す 「練習日誌」 が課されたことで、大谷にとって書くことは習慣の一つになった。目標をより明確にし、実現性を高めることが狙いだ。大谷はプロ入り後も日記をつけ、趣味の読書では、大事な箇所を手帳にメモして「二度読み」する。小説や自己啓発本などジャンルはさまざまあで 「無駄なところを省きたい。2回読んでやっとわかることがある」。読んで、書いて、読む。そうして自分の成長の糧にしているのだ。

2015年10月22日 スポニチ アネックス
====================

イチローは日本人として初めて、メジャーリーグで殿堂入りすることでしょう。では、彼に続く日本人は誰なのか?

私は上のエピソードを知り、日本ハムの大谷選手ではないかと考えるようになりました。

彼はまだ21歳。その若にして、「きちんとした高級万年筆があれば、文を書く気になれる」 と言ってのけるのは、あっぱれという他ありません。この一言で、彼の頭脳は成熟した40歳のレベルとうことがわかります。

メジャーリーグの頂点を目指す若者は世界中で数多くいますけれども、大谷選手ほどの肉体と頭脳を持つ人は存在しないはずです。将来、メジャーで大活躍する大谷選手が目に浮かんできますね。

ところで、、、上述の報道によれば、中田選手が、大谷選手に万年筆を贈るとのこと。

はたして中田選手は、どの万年筆を選ぶのでしょうか?

自分が中田選手だったとしたら、まず次のように考えます。

1) 万年筆の匠の技を感じてもらえるペン
2) 万年筆の美しさを感じてもらえるペン
3) 「書く」という行為に喜びを感じてもらえるようなペン
4) 大谷の身長は193cm。当然、手も大きいので中型以上のサイズのペン

ここでは、各社の限定品は除いて、定番品でしぼっていきます。

まず、一番目の 「万年筆の匠の技を感じてもらえるペン」 というポイント。やはり、ピストンなどの吸引式ペンを選びたいです。インクを吸い取るあの楽しみを通じて、心が癒されることもあるでしょうし、小さな製品に込められた人間の叡智に感動する日もあるでしょう。

そうすると国産品で残るものはほとんどありません。

セーラーのプロフェッショナルギア・レアロ、
プロフェッショナルギア レアロ

パイロットのカスタム823
カスタム823

といった吸引式はありますけれど、「万年筆の美しさを感じてもらえるペン」 という点ではインパクトが薄いです。

では海外品ではどうか。

パーカーならデュオフォールド。パール&ブラックは見た目も豪華でカッコいい。
パーカー デュオフォールド

ウォータマンならエドソンでしょうか。サイズ、ルックス、ともに申し分無し。
エドソン

ただし残念ながら、両者ともに、吸引式ではありません。

そうすると、ペリカンやモンブランといったドイツ品が有力候補になってきます。

ペリカンなら大谷選手に合いそうな最大サイズはM1000になりますが、万年筆デビューの方に贈るということなら、M800が適切だと思います。柄は定番の緑縞でしょう。
M800

サイズ、筆記感、ルックス、どれも申し分なしです。けれども、「中田が大谷に贈る万年筆」 として、ペリカンM800は、あまりに無難すぎて面白さに欠けます。何かひとひねりほしいところ。

モンブランも同様に無難すぎますね。

そんなわけで、私だったらイタリア品を選びます。

まずはデルタならドルチェビータ ピストン・フィリングでしょうね。
ドルチェビータ ピストンフィリング

そしてもうひとつ、アウロラのオプティマも捨てがたい。カラーは迷うところですが、この一本、ということならブルー。
オプティマ

他のイタリア品は、機能に信頼がおけないので選べません。

結局、私のセンスではドルチェビータとオプティマの一騎打ちとなります。

この勝負、難しいところですが、私ならオプティマを選びます。

理由の第一は、ペン先の感触はどちらも良いのですが、私はオプティマの方が好みであること。表現しにくいですけれど、シャリシャリっとした、紙面をすべる感触が好きなんですね。「書く」 という行為に喜びを感じてもらえそうです。

もうひとつの理由は、オプティマ独特の 「リザーブ・タンク機能」 が面白いこと。これはインクが切れても、尻軸を回すと予備インクが出てくる、というものです。実際に吸引窓からこのリザーブタンクの様子がうかがえるのですが、とてもユニークです。このペンを設計された、職人の魂が感じられます。

勝手な妄想を続けて、オプティマ・ブルーを私は選んでしまいましたが、中田選手は何を選ぶのでしょうか。

なんだかモンブランになりそうな気がします。それも146の細字 (F) あたり。もしくは149の中字 (M) か。

モンブランはブランド力ではダントツですけれど、「美しさ」 と 「書く楽しさ」 という点では、劣るように思います。

今回、大谷選手がモンブランを受け取ったとしても、これをきっかけに、将来は国産含め、様々なペンに進んで、万年筆ワールドにハマってほしいものです。

M800 バーント・オレンジをポチッてしまいました

ペリカン バーントオレンジ 2


昨年8月、ペリカンの万年筆、M800 ブルー・オ・ブルー (下記写真) を悩んだ末に購入した顛末をお伝えしました。

M800 ブルー オ ブルー

「限定ものには惑わされない」、というポリシーの私ですが、万年筆に限っては、なかなか自分をコントロールできないのが悲しいところ。。。

そんな中、またまたペリカンが特別生産品で私を悩ませてくれました。

その名も 「スーベレーンM800、バーント・オレンジ」。“Burnt” なので、少し焦げた感じのオレンジです。

以前、「オレンジの誘惑」 という稿でお伝えしましたが、私、オレンジが大のお気に入りなんです。

「ペリカンのペンはすばらしいけれど、値段も高いので、もう手は出すまい」 と決意していたのですが、ペリカンのサイトの写真と文章をみて、私の決意は大地震でグラグラに揺らぐ高層ビルの状態になってしまいました。

ペリカン バーントオレンジ 1

(ペリカンのサイトからの引用) = 温かみのあるオレンジの色の胴軸は、ダークブラウンのキャップと尻軸によって完璧な色合いに仕上げられています。800バーントオレンジのボディは高級樹脂で作られ、その後磨きこまれています。 =

日本に来るのは限定1500本とのことで、悩みに悩んだ挙句、「ここで買っておかないと、一生後悔するかも。自分へのクリスマスプレゼントということもあるし」 と勝手に理由付けして (?)、ポチることを決断。

字幅は何にするか、これまた悩みましたが、M800では、すでにF(細字)は緑縞で、M(中字)はブルー・オ・ブルーで、BB(極太)は青縞で持っているため、B(太字)を決断。

それにしてもM800を4本も持ってしまうなんて、我ながら呆れます。

ちなみに、昨年購入したブルー・オ・ブルーは、まだ包装も開けていない状態で保存しています。

自分でも自分の心理がよくわからないのですが、「限定品を新品未開封の状態で持っている」 というのが、なんか嬉しいんですよね。これって、年代モノのワインをキープする人たちと同じ心境なのかもしれません。

今回のバーント・オレンジも、新品未開封のまま寝かすつもりです。熟成が進んで日の目を見るのは何年後でしょうか。。。

ピュアモルト三兄弟

三菱 ピュアモルト プレミア

ピュアモルト、と言ってもウイスキーの話ではありません。三菱鉛筆の筆記具です。

ピュアモルトのペンの軸はウイスキーの樽から作られており、この木の感触がとても心地良いのです。

私はこのオークウッド・プレミアム・エディションの3機能ペン (シャープペン、ボールペン2本、型番 MSE-3005) がお気に入りで、以前、レポートを掲載しました。

これに味をしめまして、同じピュアモルト・オークウッド・プレミアム・エディションのシリーズから、さらに2種類のペンを購入しました。

上の写真は左から右に次の順番で並んでいます。

左 : MSE-3005 ピュアモルト 3機能ペン

中 : SS-2005 (ボールペン)

右 : M5-2005 (シャープペン)

こうして並べてみると、3機能ペンのサイズの大きさがおわかりいただけると思います。

重量の差は次のようになっています。

・28g = 3機能ペン
・23g = ボールペン
・22g = シャープペン

ボールペンとシャープペンの重量差はわずか1gですけれど、手で持って比べるとこの差を感じます。人間の手って本当に敏感なんだなあ、と思います。

軸径の差は次のとおりです。

・12mm(最大)、10mm(口金部分)= 3機能ペン
・11m (最大)、 9mm(口金部分)= ボールペン・シャープ

3機能ペンは径で1mm太いだけですけれど、手に持つとこの差は大きく感じます。

ペンの長さは差があります。

・140mm = 3機能ペン
・132mm = ボールペン
・135mm = シャープペン

シャープペンとボールペンの差は、口金の長さの差ですね。

クリップは、3機能ペンだけが長く他の2種は同サイズです。

このピュアモルト・オークウッド・プレミアム・エディションには、他にも様々な商品がありますけれど、シンプルなデザインのこの3種が美しいと私は思います。

3機能ペンの使用感については、以前お伝えしたとおりですので、ここではボールペンとシャープペンについてお伝えします。

まずボールペンですけれど、長さ、太さ、重さはバランスのとれた良い設計だと思います。

ボールペンで唯一、残念なところは替芯です。このペンには「SJ-7」という0.7mm芯が標準装備されています。インクの出は悪くないのですが、同社のジェットストリームに比べると劣ります。クチコミで、同社の「パワータンク用替芯 SJP-7も使用可能」という情報を見て試してみましたが、やはりジェットストリームの滑らかさには及びません。

とは言いましても、あくまでもジェットストリームとの比較で劣るという話ですので、普段使う際には全然問題無いレベルです。

続きましてシャープペンです。これも文句無しのすばらしいペンです。とても書きやすいです。ただ、残念なのは0.5mm芯しか無いこと。これの0.7mmがあれば自分にとっては最高なんですけど。。。

そしてもうひとつ。はっきりしたことはわかりませんが、このシャープペン、製造中止になっている可能性があります。私はこれに備え、追加で一本を購入し、スペアとして保管しています。

さて、この3種のペン、軸の色に違があるのがおわかりでしょうか。実は、中央のボールペンだけ、「KOYO ポリマール プラスチック磨きクロス」で磨いてみたのです。
プラスチック 磨きクロス

10分ほどシコシコ磨いてみたのですが、ラッカーで塗装したみたいにツルツルの表面になりました。

これはこれで見た目に美しく良いかんじですが、手にした感触は磨いていない方が少しザラつきを感じ、私は好きです。このあたりは好みは人によると思います。

以上、ピュアモルト三兄弟のレポートでした。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
43位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。